元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校紹介記事用

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2019/11/5

【幼稚園受験・小学校受験】合格されたら是非ご一報を

おすすめ記事 わさびの日記

2019/10/1

【幼児~小学生】子供のお年玉の相場はいくら?

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/10/5

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験 教材比較・検討

2019/10/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としても効果あり:消費税増税後も費用据え置き

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2019/8/13

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

小学校受験

小学校受験はいくらかかる?:年長1年間でかかる実際の費用は200万円~400万円と推計

更新日:

本年も小学校受験、幼稚園受験の直前期となり、年中組も来年度に向けて本格スタートが近づいてきました。
現状、娘は幼児教室に体操、水泳、ピアノ、公文、英語など通学しています。

うち小学校受験のためには多額の費用がかかるため、予め年間でかかるコストを見積もりました。

結構驚愕の金額となり、どこか削れないかな~と思案中です。

よく雑誌で小学校受験費用の相場が書かれていますが、
リアルなところをとことん追求して下記一覧にしてみました。

内容 金額(円、税込) 内容
幼児教室 720,000 通常授業月謝ベース、週一
冬季・春季・直前 1,000,000 追加申込想定
市販教材費(過去問など) 50,000 過去問は別途必要
体操教室 360,000 追加申込予定
お受験服 200,000 3人分想定
写真・願書等準備雑費 40,000
交通費(説明会含む) 80,000 年間80日程度、一日1,000円とする。
考査料 50,000 東京(国立・私立)、神奈川3~5校受験想定
合格後抑えのための入学手続金 500,000 辞退したらパー(見落としがち!)
合計 3,000,000

受験直前の方はもちろん、年中で既に準備開始されている方は、上記内訳は特段変な数字を入れていないことがわかると思います。

まず、お受験幼児教室への通学は通常必須です(高倍率の難関校ならば)。
これに要するコストは、どこも1分あたり100円が目安です。通常、週に1回の通学で月額5万円~6万円かかりますので、これが固定費となります。一つの幼児教室内であっても、週に2回通っている方が多く(通常授業+学校別or分野別)、10万を超える方も多いです。

また、長期休暇の間は当然の如く、講座を選択して通学します。ここに更に個人差が出ます。
6日ぐらい通っただけで10万以上吹き飛びます。合格された先輩ママたちのお話では、夏期は平均50万円ぐらい費やしているようです。
更に多くのご家庭では合宿にも行かせています。冬季、春季、直前期併せると、100万円超になるでしょう。

我が家ではお受験体操教室を追加していますが、指示行動や運動面で、幼児教室を補う取り組みをしている方が多いです。

最後に忘れがちなのが、合格後の入学手続き金です。平均50万円程度でしょうか。
こちらは合格直後、必ず必要となりますので、合格を目標とする以上、必要経費とすべきです。
辞退したら帰ってきませんので、場合によっては多額の出費になります。

一番費用がかさむケースが、

10月に神奈川受験(orその前に埼玉受験)で合格→11月東京受験で合格→その後国立も合格!

というおめでたいパターン。
合格直後に入学手続金として一定の金額を支払う必要がありますが、この場合は2回支払う必要が生じます。

これらを踏まえ、私の計画に照らして考えると、削れるところを削っても、1年でかかる費用で200万円を下るのはなかなか大変です。
もちろん幼児教室へ行かないとか、夏期冬季は行かないなど選択肢はありますが、倍率が10倍前後の難関校では、現実的にはなかなか削れない所が出てきます。個人的には、倍率5倍以上の学校を受験される場合は、ある程度の費用を拠出して対策はすべきかと思います。

一方で、しっかり対策をして(週2~3回、長期休暇フル)、仮に青天井で通わせると400万円以上になると思います。
週に3回とは言いませんが、2回通っていると差がつくでしょうね。このようなペースで通っている方も、実際に周りにたくさんいますが、資本力ではどうしても勝てないので、これ以上は日々の努力でカバーしたいと思います。



-小学校受験
-, , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.