台風19号進路

わさびの日記

【台風19号】記録的豪雨の台風、12日夜関東直撃の見込:多摩川等河川氾濫避難勧告・子供は十分にご注意を

2019年10月11日

スポンサーリンク

今日は心配な台風に関するお話です。

つい先月、台風15号が東京を直撃したばかりですが、より大きな台風19号がトップ画像の通り、12日(土)の午後から翌日早朝にかけて関東を縦断する見込です。

鉄道も午後以降順次計画運休し、12日は時間が経過するに従い、通常の移動が難しくなる見込みです。
娘も、明日は複数の習い事がある予定でしたが、全て休校となりました。

台風の動きを見るに、11日はまだ関東地方、台風の影響は軽微です。
しかし、明日の午後から台風が接近し、急速に暴風雨になると思われます。

先月直撃の台風15号より更に強い19号

東京の方は記憶に新しいと思いますが、先月の台風15号は9月9日3時頃に東京湾上空を通過し、千葉県に甚大な被害をもたらしました。
三浦半島上陸直前で955hpa、最大風速45mで「非常に強い」勢力、千葉上陸の際の勢力でも960hpa、最大風速40mの「強い」勢力を保っていました。これでも関東上陸の台風の中では過去最大と言われています。
通過時、3時5分の雨雲グラフは下記の通りです。

横須賀に台風の目がありますね。この数分の間は雨が止んでいたことがわかります。

台風15号通過時スクリーンショット20190909-031812

今回は11日ではより大きな勢力で現在925hpa、最大風速は50m、最大瞬間風速に至っては70mと報道されています。
12日、上陸数時間前で940hpaと多少弱くなっていますが、前回より強い可能性が高い。
誰もが不測の被害を被る可能性を考慮すべきです。

交通機関は計画運休、イベントもお休み

12日は、首都圏の鉄道は午後から順次計画運休を予定しています。状況は随時変わりますが、東京メトロ以外は午後、ほぼ全て運休していると考えた方が良いです。よって、午後はまともに移動ができなくなります。
空の便も、成田・羽田の国内便はほとんど全て運休確定(一部九州方面で午前稼働)、国際便も運休が多いです。

高速道路も使用不可、驚きなのがタクシーもお休みだとか。

スーパーもお休みで、コンビニも閉めるところが多いようです。
東京ディズニーランド・シーも12日は終日お休み。13日は午前はお休みですが、終日お休みではない模様。
ディズニー系列のホテルは11日、12日、13日取消料無料。
因みにディズニーは香港ディズニーホテルに行ったときも、台風で飛行機が飛ばなかった場合、取消料を返還してくれる旨をお電話で言ってくれてました。このような気遣いはありがたいですね。

首都圏の「お店」と呼ばれる施設やお客を集めるイベントはほとんどクローズの見込みです。
一部コンビニがどうかといったところ。こんな経験は生まれて初めてかもしれないです。

こういう日は、家でじっとしてられなくて外出してしまう方も毎回一定数いますが、行くところが本当にない状態です。

このような状況ですので、12日にお仕事を予定されている方は、災害関係や、よほど重要な使命を帯びていない限り、外出されないほうが無難です。

既に出ている被害状況

12日早朝

・静岡市駿河区西島の海に近い地域で水位上昇による冠水

・8時ごろ、千葉県市原市で竜巻で住宅が壊れ、子供を含む数人が怪我。車が横転し、1人死亡。

12日10時前後

・千葉県(八街市、山武市、木更津市、富津市、館山市、いすみ市、鴨川市)、茨城と静岡など6件で停電

・多摩川など河川で氾濫可能性を示唆する緊急メールあり。

・静岡県の一部地域で24時間降水量が400mmを超える。

12日12時前後

・静岡県の一部地域で24時間降水量が500mmを超える。

12日15時37分

・1都6県に大雨特別警報
・多摩川河川氾濫の恐れ、避難勧告

直前は外出しない

では、台風を前に、気を付けるべきことを確認していきましょう。

まず基本的な所ですが、風が強くなっているときに外に出るべきではありません。
先月の台風でも、台風通過数時間後、路上でたくさんの木が折れ、重いゴミ箱が倒れ、看板が落ちたりしているのを目撃しました。

そのような現場に居合わせると大けがすることとなります。

事実、台風が経過したときに、けが人ゼロというニュースはあまり聞きません。
やはり、外出している方の中で、誰かがどこかで怪我をしています。

その予備軍にならないためにも、不要不急の外出は避け、特にお子様の外出は12日は終日控えた方が良いでしょう。
ちょっと外へ出て大丈夫と思っても、急に猛烈な風が吹いてくることもあります。

気をつけたいのが傘です。子供が傘を持っていて、強風が吹くと、
お子様はあまりの風の強さに空へ飛んで行ってしまいそうな恐怖も感じ、手を放しがちです。
すると、これがあらぬところに飛んで行って、二次災害を引き起こします。
これが大事につながると、違う賠償問題も生じてしまいます。

最低限の備蓄を

外出しないと決めたら、家で過ごすための食料品は必要です。
これも、12日にするのではなく、11日中に準備しておくべきです。品薄になっている可能性もあります。

また、過度に買い込む必要はないですが、保存のできる食料と水も確保しておきましょう。

どの家庭も何らかの事故により停電する可能性があります。
この点、カップラーメンは、時間をかければ水でも食べれます。
また、ウォーターサーバーも電気を要しないものがありますので、
緊急時を踏まえると電気不要のタイプの方が望ましいですね。

水とカップラーメンだけでもあればだいぶ違います。

避難検討は早めに

先月の台風で感じたこととして、直前になって避難勧告が出ても、恐らく多くの家族は動けないであろうということがわかりました。これは制度上仕方がない所もありますが、前回の経験は活きます。

先月、避難勧告が出た地域に近い所に住んでいる方は、避難場所を確認し、必要に応じて移動しておくのも良いでしょう。

この場合、併せて貴重品の管理もしっかりしておきたいところです。
混乱に乗じて空き巣等の危険も高まります。

特に危険なのが、まず土砂崩れの危険がある崖の下。次に川沿いでしょう。
川の氾濫の可能性がほんのわずかでもある地域は、貴重品含めて安全な場所へ移動して頂ければと思います。

窓際に気を付ける

先月の台風でもそうでしたが、台風直撃中の数時間は異常な風が吹いてます。
万が一、変なものが飛んできて、ガラスでも割れようものなら大惨事です。

まず、この近くにいるのを避けたほうが無難です。
窓ガラスが割れないように対応するのであれば、段ボールを貼り付けて、養生テープをその上から貼るとだいぶ安心できます。

家族の時間を

台風が来るのでネガティブに考えがちですが、せっかく家族で一日過ごすことになるので、
家族で室内遊びをするなり、勉強をするなり、家族一緒の時間を有意義に過ごしたいですね。

普段共働きで一緒に過ごす機会が少ない方も、今回は外出自体困難なので、家族の時間ができるはずです。

特に幼児期のお子様は、本当にご両親が大好きで、一緒にいるだけで満たされます。
貴重な時間になれば良いですね。



スポンサーリンク

-わさびの日記
-, , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ