子供のやる気スイッチ

本日は、夜21時以降、2時間程度のみですが、娘が猛烈に自発的に勉強し、23時過ぎて、ようやく寝かすことができました。

しかし、20時30分頃までは、ボケっとしていて、パズルに誘ったり少し勉強を促したほどです。最近口が達者で、今忙しいからこれ終わったら、とか言うようにもなりました。

このため、今日は調子悪いな、なんとかしないといけないなと思っていた矢先、途端に勉強を始めました。何かきっかけがあるはずです。この違いが何だったのか、忘れないうちに少し分析してみます。

まず、一日のスケジュールは下記のとおりです。

8:30起床、朝食、掃除
10:30オンライン英会話体験
11:00娘とサッカー遊び
12:00昼食。コーンフレーク、小魚をいつもよりたくさん食べる。
13:00体操教室
14:00パパ仕事へ。娘は妻と祖父母の家へ。
20:00自宅へ帰る。その後パパも帰宅。娘はボケっとしている。
20:30パズルに誘うも逃げられる。
20:45鬼ごっこしていっぱい笑う。
21:00お風呂へ3人で入る。
21:30こぐま会の8月分年中用テキストをママと全部終わらせる。
22:00自ら公文算数を進める。
22:30家族全員で賢人パズルを遊ぶ。
23:00更に本を読みたがるが、なんとか寝かせる。

この点、20時ごろは明らかにぼーっとしていましたので、この後何かあったはずです。この状態で公文などやっても、恐らくモチベーションが上がらなかったことでしょう。

心当たりがあるのは、

・鬼ごっこでくすぐったりして、大きな声で笑った。
・お風呂に3人で入った。
・こぐま会のテキストが好調で、この後自信がついて、乗りに乗った。

これぐらいです。キーは、
「笑う」、「家族全員で取り組む」、「教材で自信がついた。」
でしょうか。この3つの全てまたはどれかとしか考えられない。

まさにやる気スイッチ(因みにこれはチャイルドアイズのキャッチフレーズです)。今後意識していこうと思います。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる