37.5度以上不可

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/15

【小学校受験0次試験?】考査当日にほとんどの学校で検温実施。37.5度以上の発熱で受験不可の傾向

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

本棚の公文カード

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/30

【公文・七田・こぐま会】0歳~3歳のおすすめフラッシュカード(効果、年齢、集中させる方法)

青南小学校

おすすめ記事 公立小学校

2020/9/9

【港区】公立小学校の人気・世帯収入ランキング、地図分布、児童数推移

ブログ秋_アイキャッチ用拡大

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/17

【小学校受験】おすすめ過去問題集:伸芽会と理英会の比較

幼児英語オンライン

おすすめ記事 幼児英語

2020/8/14

人気の幼児オンライン英会話を辛口比較(年齢・費用・評判・内容)

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/14

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児ポピー 幼児教育の効果検証 幼児英語

2020/8/20

【幼児英語通信教材】ポピーKids Englishの体験レビューと効果

小学校受験 幼児教室合格実績

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室

2020/9/22

【私立・国立小学校受験】首都圏幼児教室 合格実績比較(伸芽会、ジャック、理英会、スイング、こぐま会、わかぎり等)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

慶応義塾横浜初等部の願書と試験傾向:2019「福翁自伝」→2020「伝記小泉信三」→2021「福翁百話」

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/19

人気のお受験バッグ・小物・雨具をご紹介(小学校受験・幼稚園受験)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/20

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/8/14

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

小学校受験分野に強い 幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/18

小学校受験・幼稚園受験に役立つ幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/9/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ

RIZAPKIDSライザップキッズ

おすすめ記事 スポーツ

2020/9/7

【マンツーマン運動教室】RIZAP KIDS(ライザップキッズ)の通学レビュー、費用、評判、効果

おすすめ記事 わさびの日記

2020/9/29

【小学校受験・幼稚園受験】父親のお受験靴の選び方:面接・学校説明会で重視されるポイントは?

筑波大学附属小学校

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/18

筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度は試験日程変更、一次抽選難化へ

お受験本番マスク

おすすめ記事 中学受験 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/24

お受験の試験当日で使いたいおすすめ子供向けマスク(幼稚園・小学校・中学校受験)

洗足学園小学校校舎

中学受験

【洗足学園小学校】最難関中学校受験の合格者体験談から垣間見える共通点

日本で一番難関中学受験で実績を出している私立中学校は、ここ数年洗足学園小学校です。

ここ洗足学園小学校では、難関中合格者が後輩のために、自分たちがどのような生活習慣で、どのような対策をして、どのように合格したのか細かく記載したリアルな合格体験を残し、いつでも在校生が見られるようになっています。

これは実際に努力して受験して結果を出した6年生が純粋に後輩のためを思って作成しているので、非常に実用的な合格バイブルになっています。

この洗足学園小学校では、毎年小学校入学希望者向けに、授業見学ができるのですが、この際、この体験談が張り出されていました。この詳細は当然に開示するわけにいきませんが、下記の通り合格者に共通する決定的な傾向が見つかりました。

休みの日も含めて極端に早起き

ほとんど全ての子供に共通して、皆かなり早起きでした。

これは私立小で遠方から通学しているという理由もあるのでしょうが、6時より前に起きている子供が過半数で、朝も計画的に勉強していました。私が小学生の頃は、公立なので8時に家を出れば間に合うわけで、7時より早く起きる理由はありませんでした。
それと比較すると、1時間以上早く起きていることになり、非常に驚きです。

私が浪人時に新聞配達をしていた頃も、極端に早起きでしたが朝の行動時間が長くなり、一日が長くなったように感じるほど時間を有意義に使えました。この結果、確かに成績が上がりました。
この相関関係は立証までできないものの、最難関中学に合格する子どもは朝5時だったり5時30分に起きている子が多いという事実は踏まえる必要がありそうです。

字が綺麗

最難関中学の合格者が書く字は総じて綺麗で、読みやすい字を書いていました。
少し前の東大生のノートというものが流行りましたが、それと通じるものがあるかもしれません。

綺麗な字を書く子供は、成績も比例して伸びる傾向があるという説もありますが、
事実、体験談は難関中学合格者ほど、とても綺麗な字の方が多かったです。

文章構成がわかりやすく読みやすい

合格体験談はA4一枚程度の紙で、合格者はそこに自らの体験をまとめ、アウトプットします。
もはや社会人の域なのですが、言いたいことを簡潔にわかりやすくまとめるというのは非常に重要な要素です。

この点、難関中学合格者は、読み手が知りたいニーズをくみ取り、必要な情報をわかりやすい表現で、隙間なく書いていました。

小学校の段階でこれができるのであれば、社会人になっても情報処理能力を発揮するでしょうね。
受験で言えば、このようなことが小学生でできるから、難関中学にも合格するんでしょうね。

 



-中学受験
-, , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ