ブログ秋_アイキャッチ用拡大

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/17

【小学校受験】おすすめ過去問題集:伸芽会と理英会の比較

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/20

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中レポ(通学との比較、費用、効果)

Twitterツイッター

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/4

ツイッターで人気の幼児向け知育玩具をご紹介

幼児知育教材診断・比較

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/24

【ベビー・幼児】人気の知育通信教育・デジタル教材:おすすめ診断と年齢別比較

おすすめ記事 わさびの日記

2020/9/29

【小学校受験・幼稚園受験】父親のお受験靴の選び方:面接・学校説明会で重視されるポイントは?

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室 幼稚園受験

2020/9/9

【港区】麻布十番・広尾・田町で人気の幼児教室、幼稚園・小学校受験塾と合格者数

幼児英語オンライン

おすすめ記事 幼児英語

2020/8/14

人気の幼児オンライン英会話を辛口比較(年齢・費用・評判・内容)

本棚の公文カード

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/30

【公文・七田・こぐま会】0歳~3歳のおすすめフラッシュカード(効果、年齢、集中させる方法)

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/19

人気のお受験バッグ・小物・雨具をご紹介(小学校受験・幼稚園受験)

37.5度以上不可

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/15

【小学校受験0次試験?】考査当日にほとんどの学校で検温実施。37.5度以上の発熱で受験不可の傾向

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児ポピー 幼児教育の効果検証 幼児英語

2020/8/20

【幼児英語通信教材】ポピーKids Englishの体験レビューと効果

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/8/14

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

小学校受験分野に強い 幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/18

小学校受験・幼稚園受験に役立つ幼児通信教材

小学校受験 幼児教室合格実績

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室

2020/9/22

【私立・国立小学校受験】首都圏幼児教室 合格実績比較(伸芽会、ジャック、理英会、スイング、こぐま会、わかぎり等)

青南小学校

おすすめ記事 公立小学校

2020/9/9

【港区】公立小学校の人気・世帯収入ランキング、地図分布、児童数推移

筑波大学附属小学校

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/18

筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度は試験日程変更、一次抽選難化へ

お受験本番マスク

おすすめ記事 中学受験 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/24

お受験の試験当日で使いたいおすすめ子供向けマスク(幼稚園・小学校・中学校受験)

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

慶応義塾横浜初等部の願書と試験傾向:2019「福翁自伝」→2020「伝記小泉信三」→2021「福翁百話」

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/14

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

幼児教育

小学校受験

「非認知能力」の学習評価の問題点

今日は久々に非認知能力のお話をしたいと思います。

非認知能力とは、IQなどの数値化できる能力である認知能力の対義語で、問題解決能力、柔軟性、心の強さ、自制心、忍耐力、継続する力、社会性など、数値化できない能力のことを言います。

私はこの非認知能力を非常に重要視しています。この考え方を実践しているボーク重子さんの講演に行ったり、非認知能力が注目されるきっかけとなったヘックマン教授の書籍を読んで、記事を書いたりしています。

しかしながら、この非認知能力が社会で必要とされる能力と言うことになんの疑いもないのですが、数値化できない能力であるが故に、これを評価するというのは非常に難しいです。

近年、学習指導要領は認知能力から非認知能力重視の学習へシフトしつつあります。
一言でいうと、一つの答えを導くことを目的とする学習のではなく、答えを導くためのプロセスを尊重する学習です。

しかしながら、この非認知能力のよる評価を試験に持ち込むと、下記のような問題点も生じます。

曖昧な評価基準

現状の大学受験二次試験でも、東大、京大など最難関大ほど「プロセス」が重視されますが、多くの大学では決まった「解」を求めることが求められます。

この解を評価する考え方に異を唱えるのが非認知能力です。そもそも答えが一つではなく、それぞれの個性に即した考え方が求められます。そして、その個性を結局は点数化して、合格する人と不合格の人に仕分けするわけですが、やや矛盾を感じます。

更に大変なのがその採点です。採点する側の能力や基準に差があった場合、生じた差は後に是正されるでしょうか。私見になりますが、一度採点された抽象的な採点は、明確な間違いでない限り、是正されないでしょう。是正されるとしたら、認知能力的な基準によって判断されるわけです。

採点者もまた認知能力に優れていても非認知能力に優れているか未知数です。そのような方が、非認知能力の採点をするわけです。

「認知能力より非認知能力」の流れは本当に正しいか

上述のとおり、非認知能力の定義には、聞こえのよいフレーズがずらりと並びます。
しかし、、、本当に非認知能力の考え方は認知能力より優れているでしょうか。

伝統的に、日本の教育はどちらかというと認知能力、米国の教育はどちらかというと非認知能力を好みます。

これまで日本の大学受験はマークシートなどを活用して、センター試験を実施してきました。こちらは認知能力を代表する試験と言えます。画一的に評価し、白黒つけるからです。今回、このセンター試験を廃止して、認知能力に非認知能力の考え方を取り入れつつあります。また、中学、高校、大学問わずAO入試が増えたり、プロセスを重視する問題の割合が増えつつあります。

流れとしては、認知能力の学習を否定しているようにも見えますが、これまで日本を支えてきた日本人が優秀でないとは思えません。勤勉な個性もあるでしょうが、学力として優秀な一面もあるのではないでしょうか。

それが今後、非認知能力を抽象的に評価する試験が主流になると、学生は何をよりどころとして勉強して良いのか、曖昧になります。この結果、努力に比例した結果が試験結果に反映されにくくなる可能性もあります。

このように、非認知能力が重要なスキルであると思いますが、その能力を受験に導入しすぎることは必ずしも望ましくないと考えます。



-小学校受験

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ