幼児通信教材・知育玩具

【継続使用】公文 New たんぐらむ

スポンサーリンク

さて、今回は公文のタングラムです。

1.5歳ごろに買い、この頃はまだ難しかったのですが、
2歳ごろから乗り気になり、やり続けています。
回ってくるのは2週間に1度程度ですが、ロングユースの一品です。

公文の教材と同じで、最初は簡単。2,3個で作成します。
恐らく2歳の頃はこれで十分ではないかと。
安価な割に、木がしっかりしているので握りやすく、置きやすいです。

3歳になればぐっとできることが広がり、自分でくるくる回して、
感覚を掴んでいきます。

今は3歳7か月ですが、下記のラッコ程度まで
時間が空いてもできるようになりました。

既にパターンブロックも準備していますが、まだこちらをやり続けています。
パターンブロックはお教室にお任せして、家庭ではまだこちらを続けます。

この教材は、3歳で始めれば先に進めることができるし、4歳、5歳であっても
ベースの巧緻性がしっかりしている分、追いつくことは可能と思います。
このタングラムにこだわる必要はないですが、何かしら同じようなものを勉強する
機会を与えてあげてください。

公文 タングラムはここで最安値を探してください。

家には七田のタングラム、巧巧板もありますが、
現状は絵がある公文のほうが好きなようです。
より多くの種類をできるようになったら、巧巧板
も良いと考えています。



スポンサーリンク

-幼児通信教材・知育玩具

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ