おすすめ記事 小学校受験

2020/5/24

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師継続中:安い、多回転と効率良し

オンライン学習

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具

2020/5/24

人気の知育通信教育・デジタル教材比較【ベビー・幼児・小学生・中学生】

ワンダーボックス始めました

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/5/24

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/5/24

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ:3月末まで無料教材配布中!

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2020/5/24

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/11/25

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

こどもちゃれんじ2月号教材

おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児教育の効果検証 幼児通信教材・知育玩具

2020/4/29

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

スポーツ

【少年サッカー教室】生徒数日本一のリベルタサッカースクールの詳細、費用、評価

今日は少年サッカーのお話です。

サッカーは1980年代に少年漫画のキャプテン翼がブームとなり、1990年に入ると、Jリーグが発足、サッカーW杯初出場など大きなイベントが続きました。このあたりから子供の間で野球に代わってサッカー人気が過熱し、今も人気は継続しています。

実は私もキャプテン翼を見て、サッカーを始めた一人です。これを見ていなければサッカーをしていなかったでしょう。

サッカーで大成するには身体能力とセンスが重要ですが、始める時期が早ければ早いほど有利なのは間違いありません。
上達のために必要な要素は下記の通りです。

・基礎的な身体能力(スピード・シュート・持久力)
・ボールタッチのセンス・技術
・パスセンス・技術
・空間視野能力
・ドリブル

サッカーでプロに至り、成功する方の経歴を見ると、幼児期に何らかの取り組みをしている方が多いですが、中には小学生から始める方もいます。先天的、後天的問わず、走るスピードやシュート力、持久力、体幹など、フィジカル面で優れる何かを持っている方は、小学校から始めても決して遅くはないスポーツです。

しかし、ボールタッチや、パス、空間視野、ドリブルなどは、数字では表現しがたい技術で、これらは時に「センス」という便利な言葉で片付けられがちです。しかし、このセンスは先天的な能力だけでなく、幼児期から適切なトレーニングをすることで、身に着けていくことができる後天的な要素も非常に大きいです。



幼児期のサッカーをみればわかりますが、彼らに共通している点は下記の通りです。

・幼児の基礎体力は乏しいので、全員フィジカル的な基礎能力は乏しい。
・ボールタッチは努力により、かなりの個人差がある。

何が言いたいかというと、フィジカル的な要素はサッカーをする上で重要ですが、幼児期ではまだ求められておらず、一方ボールタッチは、ボールに触れる時間と比例して、どんどん上達していきます。
リフティング一つとっても、幼児期にボールに多く触っていれば必ず上達しますが、中学生から始めてもうまくならないことが多いです。感覚としては、英会話に似ています。幼児期にしか聞こえない周波数と似た感覚があると推察しています。

サッカーは集団で行うスポーツなので、全体を見渡して、誰がどのような動きをするのか、どこにスペースがあるのかなど、一瞬で判断しなければなりません。このようなセンスは、練習とレベルの高い環境や適切な指導によって磨かれます。幼児教育でいうパズルに似ていますね。

テレビで代表のサッカーを見ていると、最終のディフェンスラインがパス回しをしながら、前方にパスを出す局面を伺っているシーンがありますよね。あの技術は、前線で動く味方をいかに把握できるかにかかります。また、相手が迫ってきても涼しい顔で確実にパス回しをするには確固たる技術が必要です。

このような技術は、幼児期から醸成されます。

次にドリブルも同様です。1体1で相手を抜き去るにはスピードだけでなく、反射神経と、相手のタイミングを外すという技術が必要です。ドリブルの仕組みは結構単純で、結局は右か左しかありません。このタイミングを外す方法は、多様な経験による「感覚」によるところも大きいです。

これもまた、幼児期にトレーニングを積むことで、人より一歩先へ進むことで、より成長しやすいです。
勉強でもそうですが、「人より優れた状態」を作り上げることで、集団の中では上位の存在となることができ、練習、活躍の機会も増えます。個人の自信にもつながり、更なる成長にもつながります。

このように、幼児期は楽しみながら「ボールを触り」、「適切な指導を受ける」機会を繰り返すことが成長のコツです。

このため、一般的にはサッカー経験者であるパパやママが毎日教えることがベストな指導です。

しかしながら、なかなか時間的に厳しいこともあり、集団で学ぶことで得る必要もありますので、サッカーサークルやスクールに通うお子様も多いです。これらは非常に有益なのですが、多くの保護者様が考える問題があります。それは保護者様の参加です。

サッカー経験者ならわかるところですが、サッカーの審判や線審は、慣れてなければ非常に面倒です。
中高のサッカー部だと必ず持ち回りでやるんですけどね。子供たちはできませんが、審判は必要なので、必ず誰かがやる必要があります。また、子供たちの水分補給などのケアや、場所の確保など運営側の仕事まで入ってくると、非常に大変です。

生徒数2万人を超えたリベルタサッカースクール

この点、これらの問題を考慮したサッカースクールが最近増加しており、人気が増えてきています。
特に人気があるのが、全国展開している、リベルタサッカースクールです。

リベルタサッカースクールは、元日本代表の城彰二さんがアドバイザーで、Jリーガーの指導員も多いです。
今は
全国約1,500箇所、生徒数約20,000人の規模で、各拠点にプロ指導者がいます。

通常のサッカースクールはバイトやボランティアが多いですが、こちらの指導者は正社員扱いで、「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」など心の指導も含めた指導方針のもと、「安全」「教育」「指導」の研修を受けています。

また、お茶くみ当番や祝勝会などの保護者様の負担となるイベントがないよう意識されています。

対象は3歳から12歳で、幅広い年次のお子様が通っています。
正しい指導を受けながら、自立心、協調性、マナー、礼儀、コミュニケーション能力などが身に付きます。

リベルタサッカースクールの指導時間、費用(入会費、年会費、月謝)

リベルタサッカースクールに係る費用は下記の通りです。

入会費 8,300円 スポーツ保険込
年会費 8,080円
月謝 8,290円

※教室によって若干の増減あり。きょうだいは入会金800円。ユニフォーム等は自費

週に1回で、1回当たりの指導時間は60分です。
全てを任せて月に8,000円ですので安いです。七田やコペルなどの幼児教室の1回分のレッスン料金と変わらない料金です。

お近くにもスクールがある可能性があります。
HPに指導者の経歴も掲載されており、良い指導者がいればラッキーですから、まずは要チェックです。

 

 

 



-スポーツ
-, , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ