元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

おすすめ記事 幼児教材・知育玩具の比較、検討

2020/2/28

休校中でも学べる幼児・小学生向け在宅学習・知育通信教材・オンライン学習まとめ

アクアラボ

おすすめ記事 わさびの日記

2020/3/24

【加湿器OK】次亜塩素酸ナトリウム水(アクアラボ)と次亜塩素酸水(ジーア)の比較:コロナウイルスへの除菌効果は?

WONDER BOX

おすすめ記事 幼児教材・知育玩具の比較、検討

2020/3/28

新知育教材Wonder Box(ワンダーボックス)の受講レビューと評判: アプリで図形や算数、プログラミングを楽しく学ぼう

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼児教材・知育玩具の比較、検討 幼稚園受験

2020/3/10

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ:3月末まで無料教材配布中!

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/11/25

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児教材・知育玩具の比較、検討 幼児教育の効果検証

2020/1/9

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

窪町小学校

中学受験

中学受験校進学率の高いエリアはどこ?東京23区・市別ランキング

更新日:

東京都の公立小学生は中学受験率が高く、凡そ5人に1人が私立中学校や国立中学校に進学します。

しかし、区や市ごとに比べてみると、非常に大きな差が生じます。
今回、下記に中学受験校の進学率を高い順に並べるとともに、区・市ごとに小学校の学級数を貼り付けて学校の規模感がわかるようにしました。

東京23区、東京市部別中学受験校進学率ランキング

進学率
ランキング
23区・市部 中学受験進学率 小学校の数 学級数
9以下 10~11 12~15 16~18 19~21 22~24 25以上
1 文京区 43.9% 24 1 2 7 6 6 1 1
2 千代田区 40.5% 11 0 2 6 3 0 0 0
3 中央区 39.7% 16 3 3 3 1 4 2 0
4 港区 38.8% 20 1 1 9 4 2 1 2
5 目黒区 36.2% 24 1 4 10 4 2 2 1
6 渋谷区 34.2% 21 3 1 11 2 1 3 0
7 世田谷区 34.1% 70 1 1 22 13 11 9 13
8 品川区 32.5% 32 6 3 13 5 4 1 0
9 新宿区 30.9% 30 9 1 13 6 0 1 0
10 豊島区 30.8% 24 1 4 11 6 1 1 0
11 杉並区 30.3% 43 2 1 11 11 8 6 4
12 武蔵野市 30.1% 15 0 0 9 1 0 1 4
13 台東区 26.6% 19 3 3 10 2 1 0 0
14 中野区 25.9% 24 1 2 12 3 3 3 0
15 江東区 25.5% 45 0 5 15 7 7 4 7
16 大田区 23.8% 61 3 6 21 9 10 7 5
17 北区 22.8% 37 9 4 13 5 4 1 1
18 荒川区 22.2% 24 7 2 8 4 1 1 1
19 狛江市 19.0% 6 0 0 0 3 2 1 0
20 三鷹市 18.9% 16 0 0 3 7 2 1 3
21 調布市 18.7% 22 0 1 9 4 1 5 2
22 練馬区 17.2% 67 2 2 22 22 8 6 5
23 墨田区 16.5% 25 1 2 11 8 3 0 0
24 国分寺市 16.1% 11 0 0 4 3 1 1 2
25 国立市 15.5% 11 0 0 8 3 0 0 0
26 板橋区 15.2% 52 4 6 19 11 9 3 0
27 小金井市 15.2% 10 0 0 0 5 3 1 1
28 小平市 14.1% 21 1 1 5 6 6 2 0
29 足立区 13.4% 69 3 5 27 20 10 2 2
30 葛飾区 13.0% 49 4 4 25 6 5 5 0
31 多摩市 12.5% 18 1 1 8 6 2 0 0
32 西東京市 12.5% 18 0 0 6 6 2 1 3
33 稲城市 12.4% 12 1 1 3 3 3 1 0
34 府中市 10.9% 24 0 1 4 5 7 4 3
35 江戸川区 10.8% 70 7 2 25 12 12 8 4
36 立川市 9.8% 19 2 0 7 5 4 1 0
37 東久留米市 8.5% 14 2 2 2 4 3 1 0
38 八王子市 7.8% 70 10 9 22 12 11 4 1
39 東大和市 7.1% 10 0 0 5 2 3 0 0
40 東村山市 6.9% 15 0 0 6 5 3 0 1
41 昭島市 6.8% 14 0 1 9 0 4 0 0
42 日野市 6.7% 17 0 0 5 5 2 5 0
43 町田市 6.6% 44 2 0 13 10 7 6 6
44 清瀬市 5.7% 10 1 1 5 2 0 1 0
45 青梅市 4.5% 17 4 2 4 2 1 1 2

参考:平成30年度公立学校統計調査報告書(東京都教育委員会)、令和元年度学校基本調査報告書(東京都)

これによると、文京区と千代田区が40%越えですが、文京区が頭一つ抜けている印象です。
なぜなら、小学校数が24もあるのに、この平均が非常に高いからです。更に、千代田区や中央区、港区に比べると、文京区は住宅も多く、賃料も比較的落ち着いています。この中でこの進学率になるということは、住民の意識の高さが垣間見えます。

23区の受験に強い公立小学校については下記記事をご参照ください。

【東京都内】中学受験に強い人気公立小学校ランキング:特徴、私立小学校との比較

23区以外の市部では、全体として低い数字となっていますが、武蔵野市は30%越えで、23区と比べても高い数字になっています。この他、狛江市、三鷹市、調布市と続きます。これは有力な中学が近くにある、都心に近い、主要ターミナル沿いにあるなどの諸条件と密接に関連しています。

次に、学級数が多い大規模な小学校は、意外にも世田谷に多いことがわかります。世田谷は平均所得で見ても特段高いわけではなく、幅広く色々な方がたくさん住むエリアとも言えます。実際のところ、治安が安定しているエリアなので、子育てはしやすいエリアかもしれません。

 



-中学受験
-, , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2020 All Rights Reserved.