小学校受験

【小学校受験】天秤の重さ比べ(つりあい)の問題を解くコツ

スポンサーリンク

今日は多くの学校で頻出の、天秤やシーソーによる重さ比べの問題についてお話しします。

まるこはこの問題が大好きです。
実際にこの問題が出るかと言うと、学校によりある程度絞れるので割り切っても良い論点ですが、幼児教室の模試ではかなり頻出で、ここで差がついているようです。
難関校を受験する場合は、出題された場合に確実に回答しておきたい論点になりますので、必然的に抑えるべ論点になります。

これまで取り組んできた経緯から、効果が出た勉強方法は下記の通りです。

具体物で実際に体験させる

大手幼児教室などで行われている取り組みですが、実際に天秤を買ってきて、まず天秤がどのように動くのか、示してあげることが理解への近道です。ここでは、重いものが下がることを十分に理解することが必要です。

次に、つりあっている状態から、加えたり抜いたりして、どのように天秤が動くのか、自分で試してみると尚良いです。

ここでは、天秤の原理を覚えることが目的なので、細かい問題に取り組むことが目的ではありません。

方程式的な理解

方程式と似た変換を頭の中で行い、正しく比較する計算力が必要です。
この点、頭の中だけで行う必要はありませんので、複雑な計算力は不要です。

例えばリンゴ1個とミカン3個がつりあっていると仮定した場合、リンゴ2個とミカン7個を比べる場合にはどうしますか?

これは非常に簡単で、リンゴ1個を消してミカン3個に置き換え、これを2回繰り返すとミカン6個になります。
ミカン6個と7個であれば、結果は明白ですね。

このように、方程式的な変換を行い、更に紙に書くことで間違いは激減します。

問題演習

実際に簡単な問題からスモールステップ方式で難解な問題まで解けるようにします。

おすすめはこぐま会のひとりでとっくんシリーズ43です。

ひとりでとっくん43 つりあい

ひとりでとっくん43 つりあい

こぐま会
660円(12/03 16:13時点)
発売日: 2017/07/14
Amazonの情報を掲載しています

こちら、最初は簡単な問題から始まり、最後の方はかなり難しくなります。
更に1冊600円(税抜)と超安価。解説は少ないですが、最低限回答は載っていますので、特段不自由はありません。

ある程度天秤を理解できる状態であれば、一日で半分ぐらい終わらせることも可能です。

なお、似た問題にシーソーがありますが、こちらは既に死語というか死問になりそうな様相です。
試験や幼児教室の問題でも見たことはほとんどありませんし、更に公園には昔ながらのシーソーはほとんどありません。

 



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ