ブログ秋_アイキャッチ用拡大

小学校受験

【1分100円、30~40時間】小学校受験の幼児教室春期講習にかける費用と時間の周辺相場

2020年2月5日

スポンサーリンク

各お受験幼児教室で、小学校受験向けの春期講習のメニューが出そろいました。
毎年同様ですが、大手幼児教室では、全て講座を取ると、春休みだけで概ね60時間ほどになります。

この場合、午前と午後で5時間ほど学習することになります。
これだけでも凄いのですが、驚くのがこれに要する費用です。
既に通学されている方はご存知の通り、小学校受験は中学受験よりも非常に多額のお金がかかります。

時間がそれぞれ異なりますので、私はいつも一分当たりの費用で換算して、費用を比較しています。
質を比べるのはそれからです。

この結果、大抵1分当たり80円~150円に落ち着き、大手ですと100円以下は少ないです。
平均的な金額を120円として換算すると、60時間の授業を取った場合、432,000円です。

一つの幼児教室でまとめるか、分散するかは人それぞれですが、周りの30家族程度の事例ですと、概ね半分ぐらいが複数の幼児教室に通っています。但し、皆がフルで60時間を取るというわけではなく、概ね平均的な相場は30~40時間のようです。

これを多く感じるか否かは人によって受け取り方が異なりますが、春休みですので、午前と午後に渡って通学する方にとってはそれほどの時間ではありません。また、複数の教室へ通いだすと多くなりがちですね。

娘はどうかというと、、、30時間弱の予定です(笑)。公文もあるんですよ~。

でも模試の成績は上位20%内キープしていますよ。
我が家の場合、春期講習の時間が少ない分、メリハリをつけて学習するよう心がけています。

キーポイントは、子供に自分の意志で勉強させることです。
娘も幼児教室には通っていますが、負けず嫌いなので、できなかったところは帰宅後、自学自習しています。つまり、できなかったところを発見し、やる気を出させるために幼児教室に通っています。

幼児教室の春期講習でも3割~5割の時間をペーパーに費やしますが、ペーパーは家でもできます。ペーパーに関しては幼児教室で2割学習し、あとの8割は自学自習の方が効率よく、成績も伸びます。中学受験では斬新な問題もでますが、小学校受験は95%はパターン問題です。その意味では、業界自体が今の時流に合いませんけどね。

このため、志望校に合わせて抑えるべき分野を明確にし、ペーパーは自学自習の習慣をつけられるようにして、指示行動、運動、巧緻性、絵画、集団行動など、弱点分野を重点的にこなしていくプログラムで考えています。

春期講習は間違いなく良い学習の場ですが、取りすぎも懐が痛みすぎるので、うまく使い分けていければと考えています。

最後に、人気の大手2教室の春期講習の特徴を挙げておきます。

伸芽会・・授業時間が長く、ジャンルごとに分かれていない。指導内容の質が良い。
ジャック・・学校別、分野別に細かく分かれている。教室により指導内容は様々だが総じてレベルは高い。締め切りが早い。

では皆さま、この春も頑張りましょ~

小学校受験 年長の秋までに身につけたい「ペーパー正解力」111

小学校受験 年長の秋までに身につけたい「ペーパー正解力」111

神田 のぞみ
発売日: 2008/04/01
Amazonの情報を掲載しています



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ