まなのび:旧幼児教育と教材の効果を検証するブログ

筑波大学附属小学校の併願予定(私立小・国立小)は?2020年度との比較検証

筑波大学附属小学校志願者 併願状況アンケート結果 過年度比較

筑波大学附属小学校は日本一出願者が多い国立小学校で有名です。
当ブログでは2018年11月に筑波大学付属小学校の記事を記載しまして、累計で5万PV以上のアクセスがあります。

あわせて読みたい
筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度の一次抽選倍率は難化
筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度の一次抽選倍率は難化本日は日本一の志願者を集める筑波大学附属小学校について、学校特徴、試験方式及び倍率についてお話します。2021年度は試験日程の約1か月の前倒し及び一次抽選通過人数...

たくさんの方に見て頂けるようになりましたので、昨年9月から記事内で
「筑波大学附属小学校受験予定のご家庭に伺います。宜しければ併願状況を教えてください。」
というアンケートを掲載させて頂きました。

ブログ内のアンケートにご回答いただける方は通常ごく少数ですが、長い時間を経て一定数ご回答いただき、また一定の傾向が見えてきましたので報告させて頂きます。

目次

筑波大学附属小学校の併願状況

2019年9月5日~
2019年12月24日
2019年12月25日~
2020年7月27日
全期間
2020年度受験
直前期
2021年度受験
基礎・応用期
アンケート内容投票数割合投票数割合投票数割合
私立小学校も併願する8346.9%1225.0%9542.2%
国立小学校のみ併願する7140.1%2756.3%9843.6%
筑波大学附属小学校のみ受験する2313.0%918.8%3214.2%
合計177100.0%48100.0%225100.0%

まず、今回のアンケートの背景として、下記を考慮する必要があります。

①筑波大学附属小学校の受験に興味がある方の回答であること→国立受験予定
②昨年の直前期は、コロナ禍の影響がないこと。
③本年の基礎・応用期はコロナ禍により影響を受け、また受験生も直前ではないので意識の違いがある可能性があること

すなわち、時期による変動要因としては大きく2つあって、一つはコロナ禍、もう一つは直前期における受験生のマインドの変化です。この二つの切り分けは難しいですが、年末に同時期で再度比較することで、一定の予測はできるようになるでしょう。

グラフにすると下記の通りです。
今のところ、非常に大きな違いが見受けられます。

筑波大学附属小学校志願者 併願状況アンケート結果 過年度比較

筑波小受験予定者の私立小の併願に関しては概ね半減し、国立小の併願予定や、筑波小の単願割合が増加しています。
この傾向が正しいかどうかも、これから年末にかけての集計結果ではっきりすることになりますね。

私立小については、「コロナ禍のよる不況」によるマイナス要因と「私立の教育環境」によるプラス要因がありますが、今のところ前者の方が優勢のようにも思えます。不況による影響だけふまえれば、リーマンの時の経験上、国立受験者はそれほど減少しない可能性があります。

あわせて読みたい
コロナショックで2020年は小学校受験者数が減る?リーマンショック前後の受験者推移比較、本年度予測
コロナショックで2020年は小学校受験者数が減る?リーマンショック前後の受験者推移比較、本年度予測先日、記事内で今年は小学校受験者数が減るだろう、という趣旨のお話をしました。今回はその信憑性を確かめるべく、主要な国立・私立小学校につき、リーマンショック年...

そもそも国立の本年の試験制度もかなり不透明ですが、9月より明らかになっていくでしょうからもうしばらく待ちましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる