ブログリニューアルしました!おすすめ記事はこちら

筑波大学附属小学校の試験日程変更により、今年の受験戦略に与える影響

筑波大附属小学校前

本日8月9日、ややフライングですが筑波大学附属小学校の試験概要が開示されました(日付は8月10日付)
多くの方が予想されていた通り、大きな変更がありました。内容は試験内容ではなく、試験日程の約1ヶ月の前倒しと、WEB出願です。

該当箇所は下記の通りです。

筑波大学附属小学校 日程変更

昨年との比較など、学校の詳細は下記記事にまとめています。

あわせて読みたい
筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度の一次抽選倍率は難化
筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度の一次抽選倍率は難化本日は日本一の志願者を集める筑波大学附属小学校について、学校特徴、試験方式及び倍率についてお話します。2021年度は試験日程の約1か月の前倒し及び一次抽選通過人数...

これにより受験生の受験戦略にも大きな影響を与えることが考えられますが、想定される影響は下記の通りです。

目次

私立小受験前に筑波小受験資格がわかることで、私立小戦略にも影響

昨年まで、筑波の一次抽選(概ね5~6割通過)は11月8日頃に行われていました。
つまり、主要な私立小受験は、筑波の二次(考査)受験資格があるかどうかわからない状態で、試験を受けていました。

しかし、本年は受験前に筑波の受験資格があることがわかっています。

よって、一次抽選に通過して合格できる期待値が上がり、本腰を入れやすい環境となります。
昨年までは受験できるかわからないので対策を後回しにしていたわけですが、受験できることが決まっていれば、早めに対策をする必要があります。その時間を捻出するために、私立小の受験校を減らす選択肢も十分に取りえます。

一方で、抽選で漏れてしまった場合も、私立受験へ迷いなく特化できます。
このため、多くの私立小へ願書は出しておくが、受験率は低くなるという傾向が出る可能性があります。
10月に国立クラスの入れ替わりがあることとなりますね。

国立専願有利の可能性

昨年までは、私立受験を終えた猛者の多くが、そのまま国立受験対策に切り替えて1ヶ月かけて準備する方が多かったです。
私立難関校受験の上位者はペーパーや指示行動、巧緻性など、基礎能力に優れるため、1ヶ月あれば十分に筑波などの試験に対応できるよう合わせてきます。

しかし、本年は筑波の考査が11月15日~17日に実施されるため、その対策時間は非常に限られています。

このため、早い段階から国立専願で特化している受験生が有利になりやすい環境です。
特に、私立小を複数受験する場合は、願書、面接、実際の試験などで直前に多大な時間を要するため、かなり不利になるでしょう。

筑波の場合は運動を重視する学校ですので、例年通りであれば、基礎運動能力でも差をつけられやすいと考えられます。

慶應横浜初等部との競合:一次試験と二次試験の間に合格発表

本年の筑波の受験スケジュールによると、慶應横浜初等部の一次(ペーパー)合格発表後、二次試験前に筑波の最終合格発表が確定することとなります。

よって、ここで横浜初等部の二次試験を辞退する方もいるでしょうし、逆に横浜初等部に合格して、後に筑波を辞退する方もいるでしょう。

このため、筑波の辞退者も例年より増えると予想します。

抽選通過者の出願タイミングが10月となり、出願辞退率に影響

例年、抽選通過後の二次出願のタイミングは11月中旬ですので、難関私立小に合格した方の辞退が見られます。
しかしながら、本年は10月14日~16日の出願となるため、難関小の多くの受験前の出願となります。

このため、実際に試験を受けるかどうかは別にして、出願をする方の比率は上がる可能性があります。

家計の懐にはやや優しく、、

今回の筑波の前倒しにより、結果的に各ご家庭の懐は緩和されるはずです。

私立小と国立小を併願予定だったご家庭は、準備期間が短くなる分だけ、11月の国立対策にかける幼児教室への支出が減るでしょう。

一方で、余計なお世話でしょうが、幼児教室は対策講座や模試のスケジュールが大変です。
筑波の対策講座や模試を10月に持ってくることになるのでしょうが、私立と競合するので、例年に比べて受験者は減るでしょう。

一方で、欲張りすぎてコロナになったら終わりという、シャレにならない罠も潜んでいますのでご注意を、、

受験生の幼児教室選択

私立小の結果が出てすぐに筑波の試験が来ますから、前者にウェイトがあれば後者の模試は避け、ぶっつけ本番とする方も出てくるでしょう。

当ブログで、本年直前(10月)の通学授業はやや半数の方が控える予定というアンケート集計結果もあり、コロナ禍にも注意が必要です。

受験生は限られた日時でどの選択をするかが非常に重要になってきます。
であれば、時間を効率的に使い、コロナリスクをできるだけ避けられる教室に人気が集まるでしょう。

例年と比較して人気が出ると予想するのはオンラインと、マンツーマンです。

オンライン授業はいつでもどこでも、リスクなく授業を受けることができますので、試験直前になればなるほど有用です。
教室授業と家庭教室がありますが、我が家も後者でお世話になっています。直前に依頼しても難しいので早めに抑えておきましょう。

あわせて読みたい
【小学校受験】学研のオンライン家庭教師の受講レポ:通学との比較、費用、効果
【小学校受験】学研のオンライン家庭教師の受講レポ:通学との比較、費用、効果今日は小学校受験や知育系の幼児教育に興味がある方向けのお話です。特に小学校受験を目指す方にとってはなかなか珍しい情報かもしれません。今は幼児教室や小学校受験...

オンラインに不安がある場合は、マンツーマンレッスンが有用です。
コロナ禍リスクを最大限抑えることができ、オンラインで届かない細かい所作も指導してくれます。やや高額になりがちですが、短期でも高い効果が期待されます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる