筑波大学附属小学校

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/18

筑波大学附属小学校の試験方式、受験倍率、抽選について:2021年度は試験日程変更、一次抽選難化へ

ワンダーボックス教材相関図

WonderBox(ワンダーボックス) おすすめ記事

2020/8/14

WonderBox(ワンダーボックス)継続中!教材とアプリ、知育効果と評判をわかりやすく解説します

幼児教育 積み木

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2020/4/29

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

本棚の公文カード

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/14

【公文・七田・こぐま会】0歳~3歳のおすすめフラッシュカード(効果、年齢、集中させる方法)

小学校受験 幼児教室合格実績

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室

2020/9/22

【私立・国立小学校受験】首都圏幼児教室 合格実績比較(伸芽会、ジャック、理英会、スイング、こぐま会、わかぎり等)

おすすめ記事 小学校受験 幼児教室 幼稚園受験

2020/9/9

【港区】麻布十番・広尾・田町で人気の幼児教室、幼稚園・小学校受験塾と合格者数

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

【小学校受験】私立・国立小学校情報満載のおすすめ本

幼児英語オンライン

おすすめ記事 幼児英語

2020/8/14

人気の幼児オンライン英会話を辛口比較(年齢・費用・評判・内容)

ポピーKids English

おすすめ記事 幼児ポピー 幼児教育の効果検証 幼児英語

2020/8/20

【幼児英語通信教材】ポピーKids Englishの体験レビューと効果

ブログ秋_アイキャッチ用拡大

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/17

【小学校受験】おすすめ過去問題集:伸芽会と理英会の比較

青南小学校

おすすめ記事 公立小学校

2020/9/9

【港区】公立小学校の人気・世帯収入ランキング、地図分布、児童数推移

37.5度以上不可

おすすめ記事 小学校受験

2020/9/15

【小学校受験0次試験?】考査当日にほとんどの学校で検温実施。37.5度以上の発熱で受験不可の傾向

お受験本番マスク

おすすめ記事 中学受験 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/24

お受験の試験当日で使いたいおすすめ子供向けマスク(幼稚園・小学校・中学校受験)

Twitterツイッター

おすすめ記事 幼児通信教材・知育玩具

2020/8/4

ツイッターで人気の幼児向け知育玩具をご紹介

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験

2020/9/19

人気のお受験バッグ・小物・雨具をご紹介(小学校受験・幼稚園受験)

RIZAPKIDSライザップキッズ

おすすめ記事 スポーツ

2020/9/7

【マンツーマン運動教室】RIZAP KIDS(ライザップキッズ)の通学レビュー、費用、評判、効果

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/25

慶応義塾横浜初等部の願書と試験傾向:2019「福翁自伝」→2020「伝記小泉信三」→2021「福翁百話」

小学校受験分野に強い 幼児通信教材

おすすめ記事 小学校受験 幼児通信教材・知育玩具

2020/9/18

小学校受験・幼稚園受験に役立つ幼児通信教材

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2020/8/14

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

おすすめ記事 小学校受験 幼児ポピー 幼児通信教材・知育玩具 幼稚園受験

2020/9/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としてもおすすめ

社交性VS防犯

わさびの日記

知らない人と話してはダメ?積極性・社交性に影響を与える気をつけたい言葉

皆様、幼児のお子様には「知らない人についていってはいけない」という趣旨のお話をしていますよね。

これは当然として、「知らない人と話してはいけない」という説明の仕方をしていませんか?
こちら、正解はないので否定するつもりはありませんが、お子様の性格に影響するので気をつけたほうが良いかも知れません。

特に小学校受験をする場合は、受験における評価にも直結します。
幼稚園受験ではさほど影響しませんが、小学校受験においては、面接や口頭試問で、初対面の知らない人とお話しできる社交性、積極性は非常に大きな影響を及ぼします。

実際、我が家でも一人娘ということで、「知らない人と話しかけられたら、絶対ついていってはいけない。」と早い時期に強調してしまった時期がありました。理解はできていたようなので防犯上は安心できましたが、初対面に弱く、しばらくの間強い副作用を感じました。

1年程前、ボイトレを始めた記事を書いたことがありましたが、通うことになったきっかけはこの弱点克服にあります。
本質は精神的なところにありますけどね。

子供への説明の仕方、タイミングはなかなか難しい所ですね。
先日大手幼児教室の講演でも、この趣旨の発言には気をつけるようにと、同じような趣旨のお話をされていたので、我が家もそうだったなと非常に実感しました。

このような説明をするのは恐らく3歳前後と思われます。防犯上、知らない人についていかないことは非常に大事なことなのですが、言い方には気をつける必要があると感じます。

この点、反省としては教える順序が違ったかなと感じています。

3歳前後で話すことが多くなり、コミュニケーションが取れるようになってきますが、ここであまりに早いタイミングで、知らない人の恐怖を先に強調してしまうと、人と話す喜びを知る前に、積極性を阻害してしまいます。
言葉を話せるようになったら、第三者と積極的にコミュニケーションを取る機会を作り、調子よく話すようになってきたらそれを節制させる目的で、知らない人から声をかけられた時の対応を教えれば良かったなと強く感じます。3歳ぐらいの幼児が第三者に話しかけると、たいていの方は親切に返してくれます。これは非常に良い学習体験で、幼児にとっても大きな刺激になりますので、この機会を逸するのはもったいないです。

年長の時期初めて会うお子様と会ったとき、いきなり話しかけてくるお子様と、じっとこちらを観察してくるお子様に概ね二分されますが、不思議なことにお受験をする方ほど後者が多いです。それでいて行動観察などで積極的に「話す練習」をしているのは矛盾を感じることもあります。

これは、自然に任せて成長したか、防犯上の抑制が効いているかの違いが起因していると考えます。
最終的には両極端に偏る子育てより、バランスが取れた子育てが良いと言えそうです。

上記、言葉を話し始めた2歳~年少のお子様がいるご家庭のご参考になれば幸いです。



-わさびの日記
-, , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ