小学校受験

【小学校受験】面接の入室から退室までのマナー・所作マニュアル

スポンサーリンク

今日は面接の中でも気になる、入退室がテーマです。
こちら、幼稚園受験でも取り扱ったテーマですが、小学校受験はお子様も含め、家族全体でより細かく見られている点で異なります。

入退室は面接のメインテーマではありませんが、面接の一番最初でスマートに決めると、両親も落ち着いて面接に臨めますので、よく段取りを決めておきたいところです。

この面接の方法は決まった型はありませんが、なかなか幼児教室でも事細かく教えてくれないことが多いので、今回ご参考までにお話しておきます。

まず、最初にやるべきことは、受験校の面接会場のレイアウト情報を入手することです。
これは書籍の他、幼児教室や合格者の先輩に聞くのも良いですし、場合によっては説明会などのフランクな場で、先生が直接ヒントとなる内容を教えてくれることもあります。

コロナ禍と言えど、面接会場のレイアウトは大きな変更がないことが多いと予想されるため、事前の調査は必須です。
これにより、入退室の所作も変わってくるからです。

あと重要なのはお子様の「声」です。場の雰囲気にのまれてしまうと、どんどん声が小さく、自信もなくなってしまう可能性があります。

面接での印象のみならず、自分自身を鼓舞するためにも、お子様の面接での声の大きさは非常に重要です。

入室から面接、着席までの所作マニュアル【小学校受験面接版】

入室時

まずノックの回数は2回と3回、どちらでも良いです。
私は2回派ですが、3回の方も多いのでどちらでも。

ノックした後、室内から「お入りください」等

ドアを開けて、「失礼いたします!」温厚な顔を保ち、目を合わせ、一礼。
※第一印象は大きいため、この言い方が大事。自信もった声で、はっきりと聞こえるように。

父親、子供、母親の順で入る。
※母親は両手でお尻を向けずに両手でドアを閉めてそっと閉める。

ドアの前で3人そろって「宜しくお願いします!」の後に礼。子供は自分を鼓舞することにもつながり、元気にいきたい。椅子の前へ向かう。
※子供の礼は角度よりも、短くならないように。
※入室後すぐに「こちらにどうぞ」と促されたり、レイアウトによっては椅子の前へ行ってから挨拶するケースもある。
※止まるたびに挨拶をしすぎるのは不自然。
※状況に応じて椅子の前で軽く自己紹介するのも良い。

「お座りください」などの合図で座る。
面接は先方が主導しますので、指示に従って面接開始。
※バックは自立するものがベター

面接中の注意

両親の注意点

・子供が回答に詰まっても助け舟を出さない。
・自分への質問でなくても、回答が急に飛んでくることもあるため、常に注意を払う。
・背もたれは使わない。
・父親は足を広げすぎない(両こぶしが入るぐらい)。
・回答は簡潔、明瞭に。

子供の注意点

・試験官の目を見て話す。
・背もたれは使わず、背筋をピンと張る。
・全体を通じて姿勢を保つ。足に注意。
・質問をされたら、間を置かずに話す。
・わからない言葉が出た時は、聞いて良い。

なお、面接で聞かれる質問事例はこちらが豊富です。↓

はらはらドキドキ入試面接 第11版 (国立・私立小学校入試)

はらはらドキドキ入試面接 第11版 (国立・私立小学校入試)

2,750円(10/22 11:26時点)
発売日: 2019/10/01
Amazonの情報を掲載しています

退室時

面接終了後、こちら側からの「ありがとうございました。」が退出の狼煙。

皆立ち上がり、もう一度「本日はお忙しい中お時間を頂戴し、ありがとうございました。」など。最後の一句で礼。礼は3人合わせる。
※「ありがとうございました」など短いフレーズを3人で言うケースもあるが、あまり加点には結びつかない模様。無理しない。

父、子、母の順で出口まで行って、振り返って揃って「失礼いたします。」で礼。

ドアを開けて父、子、母の順で退出。礼をしながら閉める。

 



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ