小学校受験

【2021年度速報】国立小学校の抽選倍率、難易度前年比較:筑波・竹早・世田谷・大泉・小金井・お茶の水

スポンサーリンク

恐らく日本で一番早い、東京都の国立小学校を対象とした抽選倍率速報と前年比較分析です。
昨日、竹早と大泉の一次抽選が終わり、一次抽選はお茶の水を残すのみとなりました。

国立小学校の抽選倍率の考え方

国立小学校の多くは受験に当たって考査前後で抽選が行われ、その形態や抽選倍率は学校によって様々です。

抽選は受験生の公平性確保の観点から行われるもので、国立小学校特有の受験方式です。

抽選が試験前に行われる場合は、まず抽選に通過できなければ受験さえも実施できません。
一方、抽選が考査後に行われる場合は、せっかく考査に通過して、資格要件を満たしても、運次第で入学できないこととなります。

通常、受験生の多くは受験対策をしていますが、国立受験生は必ずしも全員が事前準備をしているわけではありません。このため、抽選倍率が高い学校は、実力に関係なく合否が決まる比率が高く、準備が間に合っていないご家庭にもチャンスが広がります。一方で、抽選倍率が低い学校は、より実力が反映されやすくなり、準備をしてきた方にとって、抽選比率は低い方が望ましいこととなります。

抽選倍率は上記のような要因により、受験生に非常に大きな影響を及ぼします。

本年の抽選倍率の変化と影響

例年であれば、この抽選方式はほぼ同じであり、各自、事前に予測して志望校を決め、受験対策を行うことができましたが、今年はコロナ禍を主要な要因として、受験制度に大きな影響を及ぼしました。これまでもわかっている変更点や受験生への影響は下記の通りです。

国立小学校の抽選倍率に影響を及ぼした変更点

・筑波大学附属小学校の約1ヶ月の試験日程前倒し
・郵送出願やWEB出願に伴う全般的な志願者増加
・筑波大学附属小学校の1次抽選通過率低下
・学芸大学附属竹早小学校の1次抽選通過率低下
・学芸大学附属小金井小学校の男女日程別実施
・学芸大学附属大泉小学校の3次抽選廃止

特に、筑波や竹早の抽選通過率の低下は受験生に非常に大きな影響を及ぼしました。
昨年までは、筑波、竹早、お茶の水を3校受験した場合、確率的にも期待値が1に近づき、どれか受験できるだろう、という感覚でしたが、今年はこの期待値が一気に50%近くにまで下がります。

よって、これら3校だけでは、事前に幼児教室へ多額のお金を支払って通っていても、受験自体できなくなる可能性があるわけです。

一方で、大泉は志願者が増加したにもかかわらず、一次抽選の通過率を90%維持し、三次抽選は実施しません。
このため、考査の倍率は軽く10倍を超えることが想定され、辞退者を含めても考査倍率の上では、筑波を超えて最難関となる可能性が高いです。

【2021年度】東京都国立小学校 抽選倍率前年比較

(1次)抽選通過率 (3次)抽選通過率 総合抽選倍率
男女 男児 女児 男児 女児 男児 女児
年度 2020年度 2021年度 2020年度 2021年度 2020年度 2021年度
(推定)
2020年度 2021年度
(推定)
2020年度 2021年度
(推定)
2020年度 2021年度
(推定)
筑波大学附属小学校 47% 30% 59% 34% 64% 64% 64% 64% 30% 19% 38% 22%
お茶の水女子大学附属小学校 19% 13% 50% 50% 50% 50% 9% 前年以下 7% 前年以下
学芸大学附属竹早小学校 28% 15% 30% 15% 48% 48% 47% 47% 13% 7% 14% 7%
学芸大学附属世田谷小学校 なし 54% 54% 48% 48% 54% 54% 48% 48%
学芸大学附属大泉小学校 100% 90% 100% 90% なし 100% 90% 100% 90%
学芸大学附属小金井小学校 なし 61% 60% 57% 60% 61% 60% 57% 60%

これまでわかっている抽選倍率をまとめると上図の通りです。
3次抽選については、これまでずっと変わってこなかった比率ですので推定率を記載していますが、コロナによる例外がありうる点はお含みおきください。また、お茶の水はこれからの出願もこれからですので、状況判明次第更新追記いたします。

上記から読み取れる点は下記の通りです。

・筑波と竹早の一次抽選通過率は非常に厳しくなり、例年通り3次抽選が行われた場合、筑波の総合抽選通過率は20%前後となる。竹早に至っては抽選倍率のみで10%を割る。
→もはや抽選で入る学校
・世田谷と小金井は一次抽選がない分、実力を加味したセレクションが行われ、その中から選抜されることとなる。
→例年通り
・3次抽選がない大泉小学校は逆に抽選の余地がほとんどなくなる。
→ほぼ実力勝負で決まる試験となる。

今年の志願者から逆算しても、筑波の二次考査倍率は6~7倍程度です。国立の志願者は一般的に無対策の方も含まれるため受験者のレベルは相応に下がる上に、私立小の合格発表で11月中旬の試験辞退者が続出するため、対策を十分に行ってきた方の倍率は2~3倍と予想します。

一方、大泉は女子で716名もの志願者がいて、その9割が抽選通過、そのあと一気に45名の合格者を決めるわけですから、多少多めに合格者を出して、辞退者を踏まえても10倍は超えるでしょう。

よって、本年の考査倍率に関しては、昨年の筑波と大泉の倍率が逆転するイメージです。

大泉の3次抽選なし、という決定は、募集要項でコロナ禍を原因とする旨が明示されてますので、今のところ今年限りの可能性が高いです。しかし、例え抽選を行ったとしても大泉、世田谷、小金井は抽選倍率が比較的低く、受験者の努力が相応に反映される試験といえるでしょう。

日本一わかりやすい小学校受験大百科 2021完全保存版 (プレジデントムック)

日本一わかりやすい小学校受験大百科 2021完全保存版 (プレジデントムック)

プレジデント社
1,650円(10/24 18:46時点)
発売日: 2020/06/30
Amazonの情報を掲載しています

2021年度の抽選倍率と考査倍率の難易度予測(前年比較)

最後に、抽選倍率と考査倍率の見込みを、昨年からの難易度変化の形でわかりやすく記載しておきます。

抽象的な書き方ですが、結構正確です。考え方は下記の通り。

志願者数は筑波、大泉は学校発表により志願者増確定、竹早も受験番号から受験者増が確定。
その他はまだ未確定ですが、各校増加率が著しく、増加している可能性が高いと思われる。

このため、全体的な志願者が増加した分、全体倍率は上昇難化。
次に筑波と竹早は抽選通過率を下げたことから二次考査の受験者が昨年より少なく、三次抽選を行う限り二次考査は大幅に易化。
世田谷と小金井は志願者が増加する限り、考査倍率に難易度が反映されるためそのまま二次考査の難易度が上昇。
大泉は三次抽選を行わないことが大きく影響し、抽選による倍率は90%通過で確定、あとはそのまま考査勝負となるので、実力勝負の難易度大幅上昇となります。

特に大泉は、誓約書の提出(合格後の転居予定を報告し、承認を受け、実際に転居する)を条件に、指定区域外の方も受験できる学校です。よって、来年度も引き続き注目を集め、優秀な児童を広く集めていくのではと予想しています。

抽選倍率 考査倍率 全体倍率
筑波大学附属小学校 難化 易化 やや難化
お茶の水女子大学附属小学校 不明 不明 難化見込
学芸大学附属竹早小学校 難化 易化 やや難化
学芸大学附属世田谷小学校 変わらず 難化 やや難化
学芸大学附属大泉小学校 易化 難化 やや難化
学芸大学附属小金井小学校 変わらず 難化 やや難化
教室指導者からのメッセージ2021年度 東京学芸大学附属(大泉・小金井・世田谷・竹早)小学校

教室指導者からのメッセージ2021年度 東京学芸大学附属(大泉・小金井・世田谷・竹早)小学校

こぐま会, 齋藤 洋
2,530円(10/25 14:43時点)
発売日: 2020/08/31
Amazonの情報を掲載しています



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ