【2021年3月卒】智辯学園の大学合格実績比較(智弁学園奈良・智弁和歌山・奈良カレッジ)

本日は関西の進学校、智辯学園のご紹介です。
智辯学園(以下智弁と記載)は2021年の夏の高校野球で智弁学園(奈良)と智弁和歌山(和歌山)が対戦することとなり、大きな話題となっていますが、関西では実績ある中高一貫の進学校です。

高校野球の通り、智弁学園と智弁和歌山には中高一貫コース、編入コースの他、スポーツコースがあり、文武両道を貫いています。うち、当ブログでもご紹介していますが、智弁和歌山と奈良カレッジについては附属小学校もあり、小学校の卒業生は大学の合格実績も良好です。

【2022年度】智辯学園和歌山小学校の倍率、入試日程・学費・試験内容・進学状況 | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

【2022年度】智辯学園奈良カレッジ小学部の受験情報(学校特徴、倍率、内部進学、試験日程) | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

今回、智弁学園に興味を持った方向けに、野球だけではない智弁学園3校につき大学の合格実績中心にご紹介したいと思います。

目次

大学合格実績比較

 智弁学園智弁学園
和歌山
智弁学園
奈良カレッジ
所在奈良県五條市和歌山県和歌山市奈良県香芝市
卒業生数159252105
附属小学校なしありあり
難関大学合格率45.9%104.4%70.5%
関関同立合格率39.6%69.8%50.5%
東京大学081
京都大学0151
大阪大学1106
神戸大学2163
大阪市立大282
大阪府立大572
早稲田大学0166
慶応義塾大学0 70
同志社大学54915
立命館大学226912
関西大学273522
関西学院大学9234
智弁学園3校の大学実績比較
出典:学校HP(大阪市大・府立大の合格者、智弁和歌山の卒業生は週刊朝日2021年4月16日より)の数字を基に比率を筆者整理
難関大の定義は上記に挙げた国公立大+早計+関関同立

取り急ぎ信頼あるソースを基に整理しました。
合格者なので、複数合格が含まれるとはいえ、非常に優秀な実績です。

特に智弁和歌山は全国でも有数の進学校です。京大、阪大、神戸大全てで二桁合格となっており、東大も8名。
上記難関大学を集めた合格率では100%を超えました。1人3校合格したと仮定すると、凡そ3人に1人は上記大学に進学していることとなります。但し、このレベルになると関関同立の合格者は参考とならず、受験数と比例して増加することとなります。

奈良カレッジも卒業生を勘案すると難関大の合格率が70.5%と高いですね。土地柄同志社の合格者が多いです。

奈良の智弁学園は東大、京大など超難関校の進学は少ないですが、関関同立の合格率は39.6%です。立命館、関西大学の合格者が多いですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる