【小学生向け】英検・中学受験に強い新進気鋭の英語塾(特徴・費用・地図分布)

JPREP

本日は首都圏の小学生に絞って、英検や中学受験に強い、新進気鋭の人気の英語塾をご紹介します。
 
私が塾講師をしていた20年前まで、ほとんどの小学生は中学1年生から受験英語を学び、大学受験に至るまで受験で必要な読み書き中心の習得が求められました。私は当時、「受験英語」に関しては自信があり、その受験英語を教えてきましたが、大学以降はスピーキングまで含めた使える英語の習得に苦労しました。この点、今なお、ネイティブとは埋めがたい差を感じています。

当時の受験英語はこの土俵で戦っていたため何とかなりましたが、ここ10年で小学校の英語学習環境も、英語塾の業界動向も大きく変わりました。当ブログを書いている間にも変わりました。

英語を取り巻く環境の変化
・2020年度の学習指導要領にて、小学3年生から外国語活動、5年生から英語学習を導入
・中学受験で英語を導入する学校の増加
・コロナ禍でオンライン英語が浸透
・4技能の習得を重視した新しい形態の英語塾が人気

まず、大きな要因の一つは学習指導要領です。
公立育ちですと英語を学び始めるのは中学1年生からでしたが、2020年度より、読み書きだけでなく、聞く話すまで含めた4技能の英語習得を視野に、小学生から英語に触れることとなりました。

更に、中学受験に英語を導入する学校も近年増加傾向です。
これまで中学受験を視野に、受験に関係ない英語を小学校低学年の間に取り組んだり、中学1年からの学習に割り切るなど、特段の意思決定が必要でしたが、新しい選択肢が増えつつあります。

中学受験で英語を導入するしている学校は2022年度で146校(前年比3校増加)
b9c06cd5962f49a333df8bd1942778fc.pdf (syutoken-mosi.co.jp)
参考:首都圏模試センター

同時に、コロナ禍を背景にオンライン学習もより一般化、低年齢化しました。
私がブログを始めた2018年頃、数も少なく、対象年齢も4歳以上が多かったのですが、今は3歳は当たり前、数も数え切れませんん。これまでは対面で行っていた英語教育に新たな選択肢が増え、定額で場所を選ばず学習できるようになりました。

人気の幼児オンライン英会話継続レビュー:対象年齢、費用、効果を比較 | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)


加えて近年、ここ10年程度と思われますが、今の英語ニーズに即した英語指導を行う、新しいタイプの英語塾に人気が集中する傾向があります。
今回ご紹介する5教室は軒並み人気が高く、予約がそもそも取れなかったり、入塾倍率が10倍を超えたり、一定の英語スキルが求められたり、やや異常な状況となっています。

近年人気がある英語塾につき、共通している特徴は下記の通りです。

近年人気の英語塾の特徴
・授業時間が長く、予習復習のボリュームも多い
・楽しい英語学習というより、使える英語の習得が目的
・フォニックス、英英重視の傾向
・文法を学んでからというより、構文(例文)理解から
・英検取得が目的ではない、としつつも結果を出す
・月額費用が高額

端的に言うと、何かしら結果を出すことを意識しています。
楽しく学ぶというより(楽しくないわけではない)、使える英語の習得を目的としています。
その過程として、英検取得や中学受験合格があります。
どの教室もこれらは目的ではないと前置きしていますが、成果が確実に出ていることを示すベンチマークとなっています。

英検ですと、2年~4年で2級取得が目安です。
小学校で準1級は流石に大変ですが、2級合格までは珍しくない様相です。

指導方針でざっくり共通していることは、英語圏で育った子供達の学習環境に寄せて学ぶ点。
確実に身に着けるため予習復習もありますし、授業時間自体も長いです。

あと、こちらはデメリットとも言えますが費用が高額です。
従来、英語教室は月額1万円前後のイメージではないでしょうか。
新世代は違います。凡そ月額3万円以上かかります。

しかしながら、費用は高くてもしっかり英語を身につけたいご家庭に響いているようです。

今回、調査した5教室をご紹介します。
いずれも2000年以降に設立した新進気鋭の英語塾ですが、確かな実績と定評に裏付けされている英語塾です。地図も準備しましたので、宜しければご活用ください。

目次

各教室所在地マップ

今回ご紹介する英語塾の分布図です。
ご自宅に近い教室のご確認にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる