元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

小学校受験 幼児教室

【小学校受験】優良だった運動・指示行動系の個人塾

更新日:

皆さまこんばんは。

先日、小規模個人塾の記事を書きましたが、某山手線内側の幼児教室で当たりと思われる個人塾を発見しました。

指示行動と運動に重きを置いたカリキュラムです。個人塾は一般的に安くはないこともポイントの一つで、以前期待外れに終わったこともありましたが、今回当たりでした。理由は下記の通りです。

・運動に重きを置いている幼児教室だが、時間当たりの運動量、指導、集中力が通常の体操教室とは全く違った。無駄な時間がなく、子供が常に緊張感を持って動いている。
・生徒3人に対して先生が1人つく少人数制。
常に考えて行動させ、発表させる。グループを組ませて集団での取り組みを重視する。
・子供たちが皆行儀正しくも、目をキラキラさせて非常に活発であった。
・高額の印象を受けたが、1分あたりの効用(満足度)が高いという印象。
・通常の幼児教室で見られる回転(新しい子が入ってきては抜け、を繰り返して全体のレベルやペースが上がらない)と異なり、何事もスムーズに流れて全体のレベルが高い。新年長で縄跳びを1分ぐらい飛ぶし、複雑なボール遊び、指示行動も的確ですし驚きました。

実感したのは、参入障壁をそれなりに高くしてレベルの高い子のみを集めれば、更にレベルの高い授業が行えるという点です。一般体操教室で土日はややレベルが低いというお話をしたことがありますが、方向性は同じことです。

冷たい考え方かもしれませんが、体操教室の先生も難しい所で、仮に新しい子が頻繁に入ってきて、泣いたり、わがままだったり、動きが悪かったりしても、その子をしっかり構ってあげる必要があります。
この間、他の子は待たされたり、ペースが遅くなります。せっかく時間をかけても結局そのようなお子様はいつの間にかいなくなり、また新しい子が入ってきます、、この繰り返しは悪循環です。

よって、運動、指示行動系の小規模お受験教室について少し見直し、習い事の整理ができれば入学を検討することしました。今回、具体的な教室名を挙げることができず大変申し訳ないですが、一般の運動教室と比較してメリットもあることをお伝えしたかった趣旨です。

個人塾には色々ありますが、一般募集を広くしておらず、紹介に頼っていることが多いです。紹介の機会としては、これまでですと幼児教室の先生のお知り合い、ということが多いです。気になったら信頼できる幼児教室の先生に相談してみるか、幼稚園などで通っている方に相談してみると良いでしょう。



-小学校受験, 幼児教室
-, , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.