カワイテキスト

幼児教育の効果検証

【4歳】カワイ音楽教室のピアノ個人レッスンに通い始めました

スポンサーリンク

4月の下記記事で、ヤマハ音楽教室とカワイ音楽教室の体験比較をしましたが、
この結果カワイ音楽教室に通い始め、2か月が経過しました。

音楽教室比較:ヤマハとカワイの違いとそれぞれの強み

どちらにするかは、妻と娘に決めてもらったのですが、先に娘にどちらに通いたいか聞いたところ、
カワイと言っていました。妻も結果として同じでほっとしたようですが、決め手は下記です。

・ヤマハはエレクトーンだが、カワイはピアノ。
・個人レッスンがある。
・私の住むエリアではカワイの方が人気があった。
・どちらかというと、カワイの方が厳しい。(先生によると思われます。)

娘は幼児教室で鍛えられているせいか、楽しく遊ぶよりも学びを追求する学習を好む傾向があります。
授業は30分ですが、個人レッスンですので内容は濃いです。

正式に申し込むともらえる教材は下記の通りです。

・カワイのカバン(ピアノをモチーフにしておりおしゃれ!)
・サウンドツリー1A(メインテキスト)
・おんがくのーと(楽譜を書く練習)
・チャイルドソング1(歌集)
・れんらくちょう
・出席シール

テキストはサウンドツリーという教科書を用いながら、下記カリキュラム中心に進めていきます。

・絶対音感の練習(音を聞いて音階を当てる。)
・リズムの練習(先生の手拍子に合わせて真似をする。)
・運筆の練習(楽譜を書く練習)

カワイ運筆練習

・テキストを使って、歌を歌いながらピアノを弾く練習。

サウンドツリー1A

興味深いのは、まだまだピアノを弾く手がぎこちないこと。
ドレミファソを打つのも指をそれぞれ動かすのは難しく、結構遅いです。
このため、ピアノが巧緻性向上に優れると言われるのもわかります。
一年後どうなってるか楽しみです。

なお、CDがもらえて、家でも自習できるようになっています。
月謝は8,400円ですので、単純計算で一回2,100円。
30分ということをふまえると安くはありませんが、子供の集中力を考えると丁度良い時間と考えます。

秋に発表会があるということで、どのような展開になるかわかりませんが、楽しみにしています。
お気に入りということで、しばらくは続けることとなりそうです。幼児教室より楽しいでしょうね。
継続学習後の教育効果については、また数か月後レポートします。

 



スポンサーリンク

-幼児教育の効果検証
-, , , ,

© 2020 幼児教育と教材の効果を検証するブログ