プリンタ エプソン

小学校受験

小学校受験・中学受験でおすすめのコピー機:家庭用プリンタ、レンタル、リースの比較

スポンサーリンク

今日のテーマはコピー機です。

私が会計士試験を受けていた15年前、答案練習をする都度、問題(書き込むため)と答案用紙をコピーしていました。
A3は安い所でも一枚10円はかかります。一回解くごとに安くても50円、一日に数百円必要となることもあります。

かかるのは費用だけでなく、時間も必要です。
一枚一枚見開きでコピーしていくのは非常に手間がかかりますし、データ化するのもそのひと手間が面倒です。

この点、時間と費用の同時節約を可能にするのが、手差し付きのA3コピー機です。

オフィスではどこも常識なので説明の必要もないかもしれませんが、
手差しがついていると、多くのA3用紙を一枚ずつ処理することなく、一気に流すことができます。
これがないと仕事になりませんよね?個人でも同じ状況ですが、個人ではなぜか家庭用プリンタが幅を利かせています。

これは今もなお主流は変わっていないようですが、最近は個人がコピー機をレンタルする方も増えてきたようです。
業務用コピー機は管理も楽で、最近はコピー代が込みこみのプランもあったりします。

10年以上前、私も必死に探しました。当時はどうしたかというと、ブラザー工業のコピー機に、手差しトレイがついていることを発見しました。

ブラザー工業のコピー機には手差しがついているモデルがあり、画期的でした。当時主流のエプソンやキャノンの家庭用プリンタには一台もありませんでした。
10年以上の月日が流れて、ブラザーのプリンターは下記の通り洗練されており、今はエプソンのプリンタをレンタルで利用しています。

プリンタ エプソン

小学校受験シーズンが本格化すると、各家庭で同じニーズに直面します。周りでは、業務用コピー機を使っているご家庭も多いです。

ペーパー演習は、複数回練習できるようにいきなり書き込みはしません。このため、手差しつきコピー機があったほうが絶対効率的です。一枚一枚めくってコピーしていくのは非常に面倒ですし、何回やるかもわかりませんので、データ化するのも面倒です。

手差しがあれば、基本的に書籍からのコピーは一回で良いことになります。その一回をオリジナルとして使用し、使う都度流せば良いだけです。

家庭用プリンタと業務用コピー機(リース・レンタル)の特徴、メリット・デメリットを下記に記載しました。ご参考になれば幸いです。

家庭用プリンタ業務用コピー機
リース
業務用コピー機
レンタル→個人でも可のケースあり!
所有権購入すれば自分のものリース期間後、
購入か再リースか返却
レンタル料月々支払
費用負担コピー機代、消耗品代枚数ごとに料金がかかることが多い。相場は白黒1円~2円、カラー10円~20円諸々の費用がレンタル料に
含まれることも。
メリット購入してすぐに利用可能
審査不要
コピー機の性能が高い
リース期間後の対応が選択できる。
管理が楽
不要になったらすぐにやめられる。個人でもリスクが少ない
コピー機の性能が高い
デメリット購入するため失敗時のリスク大
性能が業務用に劣る。
借入と同様、所定の審査が必要
リース期間中、途中でやめにくい。
やや割高となるケースもある。

私は真ん中の業務用コピーのリースはよく仕事上でも取り扱います。こちらは敷居が高くなることもありますが、与信に応じてリース料の料率もさがるわけで、慣れるとお得です。
個人では、レンタルもおすすめです。我が家ではプリンタ革命でEPSONのPM-M5081Fを利用しています。

今は小学校受験で使っていますが、こちらの特徴は下記の通り。

・手指しで楽々
・インク無料→カラーも無料
・表裏コピーで紙代印刷
・データ読み込み可

凡そ30ページを一単位としてコピーすることが多いのですが、あっという間に終わるので時短に役立ってます。

紙代、電気代以外は無料の感覚で、ざっと概ね半年以内の利用であればレンタルはおすすめです。
お受験でプリンタが気になる方は下記をどうぞ!

【小学校受験・中学校受験】プリント革命の手差し付き業務用プリンタレンタルで超効率化



スポンサーリンク

-小学校受験
-, , , , , , , , ,

© 2021 幼児教育と教材の効果を検証するブログ