元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

伸芽会模試偏差値66

おすすめ記事 小学校受験

2019/12/12

【伸芽会模試】年中総合力診断テスト一桁順位に到達!キッズアカデミーと公文で底上げ

おすすめ記事 小学校受験 幼稚園受験 教材比較・検討

2019/10/18

【月刊ポピー】人気高まる幼児ポピーはお受験の補助教材としても効果あり:消費税増税後も費用据え置き

公文STEP3

おすすめ記事 教材比較・検討

2019/8/13

【0歳~1歳】くもんのおすすめ知育玩具・おもちゃランキング

おすすめ記事 幼児教室 幼児教育の効果検証

2019/8/13

1歳~2歳の人気幼児教室比較:楽しく通って脳力、IQを伸ばそう

小中高 難関校内部進学マップ

おすすめ記事 幼稚園受験

2019/8/13

【首都圏幼稚園受験】お受験幼稚園と附属幼稚園の一覧と比較、難易度マップ

2019公文式 高進度部門オブジェ

【4歳】公文式教材の進度と効果(算数・国語) おすすめ記事 幼児教育の効果検証

2019/9/18

【公文】算数(数学)・国語:全国優秀者ベスト20の驚愕の進度と教室選びの着眼点

2020慶応幼稚舎 志願者・倍率推移グラフ

おすすめ記事 小学校受験

2019/11/25

【小学校受験】慶應義塾幼稚舎の特徴、受験倍率、試験内容:女児の方が狭き門

伸芽会模試 幼稚園受験

おすすめ記事 こどもちゃれんじ 幼児教育の効果検証 教材比較・検討

2020/1/9

【幼児通信教材】こどもちゃれんじを3年6か月継続したレビューと効果

筑波大附属小学校前

おすすめ記事 小学校受験

2019/8/13

名門小学校に合格する子供の共通点(幼児教室・教材・能力)

おすすめ記事 幼児英語 教材比較・検討

2019/8/13

【2019年最新】幼児オンライン英会話比較(年齢・費用・内容)

関連ニュース

【合格率14.4%】9歳で実用数学技能検定1級に最年少合格した安藤匠吾君の勉強方法を学ぶ

更新日:

本日、わずか9歳にして兵庫県西宮市の公立小学校4年生、安藤匠吾君が実用数学技能検定1級に合格したと報道されました。
今までの最年少記録は昨年、小学校5年生で合格した高橋洋翔君11歳ですので、学年は1年違いになりますが、一気に2歳も更新したことになります。

匠吾君が合格した実用数学技能検定の内容と、勉強方法を下記にまとめます。

実用数学技能検定とは

「実用数学技能検定」は文部科学省後援の検定で、日本数学検定協会が実施している数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式検定です。

1級から5級までは「数学検定」、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までは「算数検定」と呼ばれます。
2015年以降は受験者が年間35万人を超え、実用数学技能検定を実施する学校や教育機関も17,000団体を超えています。1級や準1級合格などは、多くの大学でAO入試などの要件として認めています。また、国内のみならず、アジア諸国でも実施され、人気が高まっています。

このうち、数学検定1級の出題内容は理系大学卒業程度のレベルとされ、解析分野や線形代数、確率統計、アルゴリズム(計算手法)の基礎などが出題範囲です。
記述式ですが、今回2019年の合格率は14.4%、昨年2018年度の合格率はわずか5.7%とのこと。幅はありますが厳しいですね、、、10%程度の合格率の試験はどれも非常に難関です。準1級合格した人がたくさん100人受けて6人、、と考えると試験の難しさがわかると思います。

匠吾君の勉強方法と検定履歴

お母さまによると、匠吾君のこれまでの勉強方法は下記の通りです。

1歳:テレビの「すうじのうた」を繰り返し見ていた。
2歳:1~100の数字を並べる「数字盤」のおもちゃがお気に入りだった。
幼稚園:九九を自分でマスター、四則計算(足し算、引き算、掛け算、割り算)ができるようになる。
車のナンバープレートの数字を10になるよう計算、数字パズル「ナンプレ」など遊びの中で算数を学ぶ。

数字盤という教材名自体が、公文の代名詞みたいなものですので、これは公文式教材の可能性が高いですね。

【1歳~3歳おすすめ幼児教材】100玉そろばんと公文磁石すうじ盤100の評価

ナンプレや車のナンバープレートの話はよく聞きますね。九九は娘もできるようになりましたが、近年の潮流として、九九の早期学習はあまり評価されない流れなので、嬉しいです。九九はできるできないの議論は小さなところで、とりえあずできるようにして先の学習に進むのが有利です。

匠吾君の数学検定合格履歴:
小学校2年生:5級(中学1年相当)に合格
小学校3年生:3級(中学3年相当)に合格、準1級(高校3年相当)に合格
小学校4年生:4月に1級の1次、10月には2次に合格し、最年少での1級(理系大学卒業相当)合格

履歴を見るに、小学校3年生の3級までは、中学相当の内容でもあり、合格するお子様はたくさんいます。
一方で、小学校3年生の2回目、準1級が凄いですね。この時点でかなり難しいはずですが、小3で高卒レベルであれば、合格することは可能と思われます。
次の4年生で1級合格はやや次元を超えています。
周りでもこれを目指す天才児がたくさんいるでしょうから、なおさら凄いです。

計算方法など中学卒業程度までの内容はご両親が教えていたとのことですが、今は数学検定のオンライン指導や、ユーチューバーの動画を見て勉強してるとのことです。後者の動画を流している方も嬉しいでしょうね。漏れなく力をつける意味では、数学検定に特化した学習も必要です。

匠吾君の将来の夢は?

匠吾君によれば、数学の魅力は「答えが出たときに、すっきり楽しい気分になる」点にあるとのこと。
これから中学受験の勉強を始めるようで、次は物理にも関心が出てきたとのことです。中学受験において、数学は非常に大きなウェイトを占めますので、ここでアドバンテージがあればかなり有利ですね。但し、中学受験の算数は求められる分野が異なりますから、それなりに対応は必要となりますが。

匠吾君の合格時のコメントは下記の通りです。
「合格を知った時は涙が出そうなくらいうれしかった。これからもたくさん数学を学んでいきたい」

また、匠吾君の将来の夢は「地球温暖化を止める研究をしたい。今までの温度の上がり方や、対策しなかった場合の温度上昇のデータを出すことに数学が生かせると思う」とのこと。

いつも思いますが、何かの分野で一番になる方は、年齢に関係なくしっかりしたコメントを残しますね。



-関連ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2020 All Rights Reserved.