【2021年】緊急事態宣言になった場合の小学校受験対策

大阪に続き、都内でも緊急事態宣言が4月23日に発令される見通しとなりました。
東京、大阪、兵庫、京都を対象として、期間は4月25日から5月11日までとGWを意識したものとなります。

モデルケースになるのがこれまで2度行われた宣言ですが、昨年4月7日より実施された1回目の宣言は、学校や小学校受験塾もお休みとなり、非常に社会的影響が大きいものでした。

我が家はその間オンラインを活用しましたが、結果的に緊急事態宣言の期間中で成績が伸びたこともあり、この時期の過ごし方が重要と考えています。本年、ケース別に昨年の対応をお話したいと思います。

目次

第一回・第二回の宣言と比較

1回目の宣言では約1か月余り小学校受験塾がお休みとなり、本年実施の2回目はお休みとなりませんでした。

容易に想像できるところですが、お教室としては、余程強い制約がなければお休みにしたくないところです。
お休みの間の学力低下、生徒流出、収入減少、オンライン対応の負荷など、マイナス要因しかありません。

昨年は3月頃までは多くのお教室が運営していましたが、4月7日の宣言時からはほぼ一斉にお休みとなりました。
これにより、受験生側では横並びで同条件となり、この時期の過ごし方で差が出ました。

一方、第2回の緊急事態宣言は記憶に新しいと思いますが、やや社会的にコロナ慣れしており、休業要請はしておりませんので、小学校受験の運営は通常通り行われています。

今回、どのような対応になるかわかりませんが、第2回よりも一部施設に一定の強制力があるものとなる可能性があり、コロナ感染の拡大度合いによっては、教室実施を取りやめてオンラインを余儀なくされる可能性があります。

緊急事態宣言対策

緊急事態宣言が施行された場合、まず、休業の強制力の有無で、オンライン対応を整備している教室としていない教室で大きな違いが生じます。

可能性は低いでしょうが、第一回と同じく教室運営が制約された場合、オンライン整備をしていない教室は大きなダメージを負うこととなります。今年はオンライン整備をしている学校が多いので、所属する受験生は最善の方法を探して特段の対応を検討する必要が生じます。

次に、教室運営に際し制約がないもののコロナ感染拡大が止まらない場合は、オンライン対応をしている教室が目立つこととなります。
一年以上時間がありましたから、この準備ができているか否かで、受験生側の印象もだいぶ異なりますね。
一方で、教室対応でしか指導できないグループ行動観察や運動もありますので、強制力がない限りは、通学も変わらず重宝されるでしょう。これがメインシナリオかなとは思います。

多くの店舗が休業している中で運営している場合は、やや社会的に微妙な空気を感じつつ、ひっそり運営することになるでしょうが、より規模の大きな中学受験塾の対応がモデルケースになりそうです。

受験生の対策としては、構わず教室通学を続けるか、オンラインを併用するか、オンラインに完全移行するかの3択となります。

小学校受験塾の選択で確認しておきたい保護者参観・非参観、オンラインの違い | 幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

正直な所、積極的にお勧めできないものの、社会通念上問題ない範囲であれば、教室通学を続けるのも良しかと思われます。
細かいお行儀面では、通学しないと指導しきれないところがあるためです。
しかしながら、今年も受験に関してオンライン対応を予定している小学校もあるようですので、その対策も兼ねてオンラインを併用するのが妥当かなと考えます。

オンライン授業を検討する場合、教室のグループオンラインと個別オンラインの選択肢があります。
グループオンラインは教室通学に比して一人一人のお行儀に目が行き届かず、どうしても学習効率が落ちますので、オンラインの場合は効率性をフォローできる個別指導がおすすめです。

我が家は学研にお世話になりましたが、緊急事態宣言明けに成績が伸びましたので、この戦略は良かったと考えています。

個別指導は一対一で細かく指導して頂けるので、良い先生に当たれば、教室のグループレッスンより優れた一面もあります。
我が家では、緊急事態宣言下では全面的に利用し、教室が再開した後も月に2,3回程度お世話になりました。詳しくは下記に記載してあります。

【小学校受験】学研のオンライン家庭教師の受講レポ:通学との比較、費用、効果 | 幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

オンライン対応をしている幼児教室

下記にオンライン対応をしている幼児教室を挙げておきます。
今はもっと増えていると思いますが、早く始めれば始めるほどオンラインの指導方法・ナレッジも蓄積してくることとなりますので、下記に挙げる教室は信頼できると思われます。

【小学校受験】オンライン授業・動画配信を始めた幼児教室 | 幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

なお、最新の状況は下記をご参照ください。
評判良い多くの幼児教室を網羅しています。

【小学校受験塾】幼児教室合格実績比較:首都圏(東京・神奈川)2021年度リンク集 | 幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる