【小学校受験】私立小学校の併願合格パターンとW合格選択人気傾向

小学校受験は近年志願者が増加し、倍率も上昇傾向です。
このため、難関校の複数合格は減っているように見えますが、複数合格される方もたくさんいらっしゃいます。

私立小学校において一般的な人気ランキングを作成することは困難ですが、W合格の指針として信頼できる指標の一つが、伸芽会の合格校と進学校です。データとして信頼できますので、最新2022年度の開示をもとに、複数合格されている方のみ、下記にまとめました。

スクロールできます
進学校併願合格校  
慶應義塾幼稚舎洗足学園小学校暁星小学校 東京農業大学稲花小学校
慶應義塾幼稚舎 森村学園初等部
慶應義塾横浜初等部さとえ学園小学校  
慶應義塾横浜初等部慶應義塾幼稚舎暁星小学校成蹊小学校
早稲田実業学校初等部田園調布雙葉小学校  
早稲田実業学校初等部国立学園小学校  
早稲田実業学校初等部慶應義塾幼稚舎桐朋小学校成城学園初等学校
雙葉小学校東洋英和女学院小学部さとえ学園小学校 
雙葉小学校国府台女子学院小学部  
雙葉小学校東洋英和女学院小学部西武学園文理小学校白百合学園小学校
立教小学校日出学園小学校  
学習院初等科日出学園小学校  
暁星小学校目黒星美学園小学校さとえ学園小学校 
暁星小学校成蹊小学校  
白百合学園小学校湘南白百合学園小学校国府台女子学院小学部さとえ学園小学校
聖心女子学院初等科成城学園初等学校東京学芸大学附属竹早小学校西武学園文理小学校
日本女子大学附属豊明小学校江戸川学園取手小学校  
東洋英和女学院小学部さとえ学園小学校清泉小学校 
成蹊小学校桐朋学園小学校西武学園文理小学校 
参照:2022年度 伸芽会の合格速報より筆者整理

併願パターンを知ることで、下記のような傾向もわかります。

・難関校にも辞退者は存在する
・志望校の併願パターンは様々(統一性は必ずしもない)
・進学しない併願合格校は縁故でないであろうことが推定される

一方で、小学校受験は一般的な人気というものが通常存在しないことにも留意する必要があります。

小学校受験の最難関とも称される慶應義塾幼稚舎を辞退して、慶應義塾横浜初等部、早稲田実業初等部に進学している方が2名いらっしゃいます。実際の所、幼稚舎辞退は珍しく、このような方もいるという有力な参考情報となります。
横浜初等部は新しい学校ですが、幼稚舎と学習スタンスが違うこともあり、従前から初等部を選択する方も散見されています。

幼稚舎と言えば、コネがあるのかないのかという点が毎年議論されます。断定的なことは言えませんが、コネがなくても合格する方も存在しますし、知人にもいます。信頼性あるデータとして2名開示されていることで一定の信頼性が担保されるかもしれません。

【2022年度】ジャック幼児教育研究所の合格実績、評判、担当小学校別教室 | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

多くの方が埼玉や千葉の学校を受験している傾向も見られます。
小学校受験は難化傾向が続いていることから全滅を回避するため事前に受験する方も多く、また試験慣れすることもできます。受験の負担は確実に増しますが、戦略の一つとして参考にして頂くと良いでしょう。

【2017年度~2022年度】伸芽会の合格実績推移と評判 | まなのび:幼児教育と教材の効果を検証するブログ (grow-child-potential.com)

有名小学校入試問題集 2022 volume 1 首都圏32校2021年度入試問題収録

有名小学校入試問題集 2022 volume 1 首都圏32校2021年度入試問題収録

伸芽会教育研究所
3,300円(11/30 12:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次