元塾講師、公認会計士パパ視点のおすすめ幼児教育、知育教材比較検討、お受験の葛藤

筑波大附属小学校 校門

小学校受験

国立小学校を最大限併願するための住所戦略

更新日:

皆さまこんばんは。

今日は東京都における国立小学校併願のお話です。
国立小学校は、東京では下記のような学校が挙げられますが、それぞれ受験にあたり住所制限があります。

国立小学校 住所制限
筑波大学附属小学校 東京都23区
お茶の水女子大学附属小学校 東京都23区、西東京市、埼玉県和光市
東京学芸大学附属竹早小学校 東京都23区、60分程度で通える範囲
東京学芸大学附属大泉小学校 自宅から40分以内で通える範囲
東京学芸大学附属小金井小学校 東京都内、自宅から40分以内で通える範囲
東京学芸大学附属世田谷小学校 世田谷区、目黒区、大田区の下記地域※

東京学芸大学附属世田谷小学校の通学区域は下記の通り

世田谷区

池尻 [1/2/3/4] 丁目
梅丘 [1/2/3] 丁目
大蔵 [1/2/3/4] 丁目
岡本 [1/2/3] 丁目
奥沢 [1/2/3/4/5/6/7/8] 丁目
尾山台 [1/2/3] 丁目
鎌田 [ 3 ] 丁目
上馬 [1/2/3/4/5] 丁目
上野毛 [1/2/3/4] 丁目
上用賀 [1/2/3/4/5/6] 丁目
砧 [1/2/3/4/5/6] 丁目
砧公園
経堂 [1/4/5] 丁目
豪徳寺 [1/2] 丁目
駒沢 [1/2/3/4/5] 丁目
駒沢公園
桜 [1/2/3] 丁目
桜丘 [1/2/3/4/5] 丁目
桜新町 [1/2] 丁目
三軒茶屋 [1/2] 丁目
下馬 [1/2/3/4/5/6] 丁目
新町 [1/2/3] 丁目
瀬田 [1/2/3/4/5] 丁目
世田谷 [1/2/3/4] 丁目
太子堂 [1/2/3/4/5] 丁目
代沢 [ 4 ] 丁目
代田 [1/3] 丁目
玉川 [1/2/3/4] 丁目
玉川台 [1/2] 丁目
玉川田園調布 [1/2] 丁目
玉堤 [1/2] 丁目
弦巻 [1/2/3/4/5] 丁目
等々力 [1/2/3/4/5/6/7/8] 丁目
中町 [1/2/3/4/5] 丁目
野毛 [1/2/3] 丁目
野沢 [1/2/3/4] 丁目
東玉川 [1/2] 丁目
深沢 [1/2/3/4/5/6/7/8] 丁目
船橋 [ 1 ] 丁目
三宿 [1/2] 丁目
宮坂 [1/2] 丁目
用賀 [1/2/3/4] 丁目
若林 [1/2/3/4/5] 丁目

目黒区

大岡山 [1/2] 丁目
大橋 [1/2] 丁目
柿の木坂 [1/2/3] 丁目
上目黒 [2/3/4/5] 丁目
五本木 [1/2/3] 丁目
下目黒 [3/4/5/6] 丁目
自由が丘 [1/2/3] 丁目
洗足 [1/2] 丁目
平町 [1/2] 丁目
鷹番 [1/2/3] 丁目
中央町 [1/2] 丁目
中根 [1/2] 丁目
中町 [1/2] 丁目
中目黒 [3/4/5] 丁目
原町 [1/2] 丁目
東が丘 [1/2] 丁目
東山 [1/2/3] 丁目
碑文谷 [1/2/3/4/5/6] 丁目
緑が丘 [1/2/3] 丁目
南 [1/2/3] 丁目
目黒 [3/4] 丁目
目黒本町 [1/2/3/4/5/6] 丁目
八雲 [1/2/3/4/5] 丁目
祐天寺 [1/2] 丁目

大田区

石川町 [1/2] 丁目
北千束 [1/2/3] 丁目
田園調布 [1/2/3/4/5] 丁目
南千束 [1/2/3] 丁目
雪谷大塚町


この点、筑波、お茶の水、竹早はそれぞれ受験日程も異なり、容易に3校受験できることがわかります。しかしながら、これらは全て受験前に抽選があり、例え対策をしていても、受験をさせてくれるかどうかもわからない、非情な試験制度となっています。
このため、その他学芸大学附属系列の小学校もできることなら併願したいところです。この点、住所制限さえクリアしておけば、受験日の中での受験時間に工夫が必要なものの、2校併願することが可能です。
今回、併願の旨味がある学芸大学附属世田谷(受験前の抽選がなく、実質倍率は5倍程度)を事例に、ベストの居住地を検討しましたので、情報共有します。

筑波、お茶の水、竹早、世田谷の併願プラン

この点、まず世田谷は上記※の通り、受験できる住所が確定しており、ここに居住している限り何ら制約なく受験できます。一方、竹早は60分程度という数字を明示している以上、近いほうが良いでしょう。その他お茶の水と筑波は問題ないです。

このため、※のエリアの中で、国立3校がある茗荷谷までのアクセスが優れ、なおかつ治安、学習環境の良いエリアが望ましいということになります。また、多くは私立小学校を受験するでしょうから、多くの難関小学校に通学しやすいエリアであればなお良いです。

さて、この点を踏まえ、上記※のエリアを含むおすすめ最寄り駅をご紹介します。

三軒茶屋・池尻大橋(茗荷谷まで約40~42分)
東急田園都市線で、渋谷のお隣が池尻大橋、その次が三軒茶屋です。
三軒茶屋はご存知の通り住みたい街ランキングの常連、教育環境も整っています。より落ち着いた環境が良い方は池尻大橋がおすすめ。こちら渋谷のお隣にありながら、筑駒や駒場東邦といった超進学校もある非常に落ち着いた街並みです。

自由が丘・中目黒(茗荷谷まで約35分~40分)
東急東横線で、副都心線を経由して池袋まで北上するルートを取ります。
三軒茶屋と並んで住みたい街の常連で、特に自由が丘は幼児教室が非常に多いことが特徴です。街の施設や狭い路地だけ見ると乳児に優しい街というようには思えないのですが、とにかく二子玉川と並んでお受験関連の高価額帯の習い事が多い街です。一方、中目黒はより都心に近くアクセスに優れ、時間的に余裕が出てきます。

経堂(茗荷谷まで約40分)
小田急線で新宿まで12分程度でアクセスできる経堂は、都心近郊のベッドタウンとして人気の街の常連です。新宿、渋谷へアクセスしやすい立地に加え、駅前は一通り揃っている経堂コルティを始め、商店街で賑わい活気もあります。

目黒(茗荷谷まで約30分余り)
目黒でどこに住むか、という点で上記※に注意を払う必要がありますが、
アクセスが格段に楽になり、時間制限を完全にクリアできます。
また、目黒も幼児教室が多く、洗練された環境でお受験幼児に恵まれた環境です。加えて、色々な難関小学校へもバスで一本で向かうことができます。こちら、小学校受験後も引っ越しの必要は特にないのではないでしょうか。

上記のほとんどは受験上おすすめであっても、多くは途中で乗り換えを要し、実際の通学となると酷い通勤ラッシュに巻き込まれることとなります。このため、上記はあくまで受験上の要件を満たすため幼児期を過ごす場所として適した場所いうことをご認識頂き、見事合格された場合は近くへ転居した方が良いです。

 

 

 



-小学校受験
-, , , , , ,

Copyright© 幼児教育と教材の効果を検証するブログ , 2019 All Rights Reserved.